fbpx

心理学講座



鏡の法則(アダルトチルドレン克服)


私たちが人に接することで、
気づくきっかけをもらえるのは、
「感情」のパターンだけではないんですね!

私たちの自分の中にある、
凝り固まった考え方であったり、
思い込みであったり、
定型化された価値観といったものにも
気づかせてくれています。

あり人に対して、
「この人は意地悪な人ね」と思っているとしたら、
その人の本質が意地悪な性分というわけではなく、
単にあなたがその人を
「この人は意地悪な人間だ」という目で
見ているにすぎないのかもしれません。

こんな時どうしたらよいでしょう。

ある朝、Aさんあが会社に行ったら、
普段は掃除をしない、
人任せにしている同僚Bさんが、
率先して掃除をしているのを目撃しました。

「あら、珍しい」
そう思ったところ、
いつもはいない社長が
すぐ近くにいることに
気づいたそうです。

その瞬間、
Aさんの心に、
ある思いがよぎりました。

「普段は掃除なんてしないのに、
社長にいいところを見せたいから、
今日だけまじめに掃除をしている」

そう思った途端、
Aさんは、
なんだか無性にイライラして、
その日はずっと不愉快な思いを
抱えたまま一日を過ごしました。

この状況を
よ~く考えてみましょう。

「掃除をする」という
行為自体は中立ですよね。

むしろ皆が心地よく
仕事ができるようになる
よい行いです。

近くにたまたま社長がいた だけで
Bさんはもちろん
善意から掃除をしていたのかもしれません。

あるいは、
ともっくその日はやりたい気分だったから
掃除をしたのかもしれません。

ですがAさんは
「掃除をしているBさん」と
「社長」の存在を結びつけ、
「いいところを見せようとする」と
無意識のうちにBさんをジャッジしていた
ということになります。

Aさんには、
Bさんに関するある種の悪い印象が
植えつけられていたのかもしれません。

もしくは、
そのほかの要因があったのかもしれません。

「自分がよく見られたい」という
Bさんのエゴを敏感に感じ取って、
反発を覚えたのかもしれません。

あるいはAさん自身にも、
「上司によく思われたい」というエゴがあり
「Bさんに先を越された」と
イライラしてしまった可能性もあるでしょう。

何が引き金だったかは、
Aさんしかわかりません。

どれか一つということではなく、
すべてが複雑に絡み合っている
可能性もあるでしょう。

このように、
私たちが思ったり、
考えたりしていることは、
必ずしも「事実」と
一致するわけではない

ということを知っておきましょう。

単に自分の
過去の体験に対する印象や
価値観で
世界(相手)を見ている

ということ

そのことに気づかず、
人は無意識のうちに
「こうあるべきだ」
とい思い込み
^^^^^^

いくつもしているのが
現実です。

「こうあるべきだ」に
そぐわない人やものを
「あの人はダメだ」
「こういう行動は正しくない」と
一方的にジャッジし、
非難しているようです。

一度、湧き上がった思いは、
「あれはダメ」
「これはいや」
「こうすべき」
「あの人とは合わない」
といくつもの
思い込みを振りかざし
「NO」という
エゴを突き付けていれば、
当然、人間関係はうまくいくはずはありませんよね。

いつの間にか、
自分の周りは敵ばかり、
愛がないマインドの思いに
翻弄されて、
思い通りにいかないことばかりに
なってしまっていませんか?

自分がどんな思い込みを
持っているか
については
自分自身ではなかなか
気づけないものです。

それを浮かび上がらせてくれるのが
「他人」という「鏡」です。
^^^^^^^^^^^^^^^^

他人に対して思ったり、
考えたりしたことは、
そのまま、
あなたが相手を、
ひいてはこの世界を
どのように見ているかが現れている

と分かってくるんですね。

「私は、〇〇さんをこういう人間だと思っている」
「私は、こういう人間だ」
「私は、こういうふうに見られたい」
「女性/男性はこうあるべきだ」
「母親としてこうあるべきあ」
「会社は自分にこうしてくれるべきだ」

他人を通して見た時、
初めて
「ああ、 自分はこういう考え方を持っているのか」
「こんなふうに考えやすい傾向があるのか」

ということが、次々と見えてきます。

まったく思いもよらない自分の一面に驚いたり、
落ち込んだりするかもしれません。

こうしたマインドの産物である
「思い込み」が
おびただしくあり、
それをひとりで外すことは
容易なことではありません。

マグマのような内側の
自己防衛の思いは、
限りがありません。

芋づる式に引き出される
「思い」とその心の言い訳や攻撃は、
聞くに堪えないものです。

だからこそ、
自分の中の「思い込み」を
外すために

様々な心理療法やヒーリングスタイルがあります。

しかし、この自分の中の「思い込み」を
外していく取り組みは、

言ってみれば、
パンドラの箱を開けるようなもの

ほとんどが、
自分の「心」に翻弄されてしまいます。

触らぬ神に祟りなし
といった感じ!

なので、
自分自身に対するそうとうな「覚悟」、「意志」が必要です。

しかし、心配はいりません。

セラピストのガイドをしっかり受けながら
進めてくのがよいのです。

 


病気になるメリット?


こんにちは、
アダルトチルドレンの克服専門セラピストの金澤です。

 

このメールでは、
疾病利得についてシェアいたします。

 

ところで、
「疾病利得」という言葉を
あなたは、知っていますか?

 

わかりやすく言うと、

病気でいることが、
∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
その人にとって
∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
何らかのメリットがあるということです。
∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧

 

そのメリットがあるがために、
なかなか回復や改善しないという
ケースがあります。

 

どういうことかというと、

 

疾病利得者(クライエント)は、
「治りたいという欲求」と
「留まりたいという欲求」の
相反的葛藤を抱えています。

 

たとえば、
「目の前の生きづらい現実に対して、
自分が傷つかないように
うつ状態や心身症になって
現実から逃避するという行為なんですね。

 

たとえばですね、

 

「学校がイヤだ」
「仕事がいやだ」
「人間関係がいやだ」と
悩んでいるときに、
病気にかかったとします。

 

すると、病気の苦しみで手一杯になり、
もともとの「学校が・・」
「仕事が・・」
「人間関係が・・」を
忘れることができるからなんです。

 

異性との恋愛関係でいうと、
関係を築くには、それなりに
労力と時間を要しますよね。

 

これは不可能だ、
と思えること自体が
病気の人にとっての
利益になっているということ。

 

そう思うことによって、
その困難から目をそむける
ことができるからです。

 

上手に甘えられない人が、
ヒステリー症状で歩けなくなり
家族に甘えているとか

 

子供が不登校になることによって、
仲の悪い両親の関係を
良く保つ働きを無意識にしているとか

 

おねしょをしてしまった子どもは、
きっと怒られると思って
とても自分を責めてしまうかもしれません。

 

しかし、子どもの潜在意識では、
おねしょによって
親からかまってもらえるという
メリットがあります。

 

何となく母親と心が通じてる感じが
希薄な子どもは、
何とかして注目を得たいと
心の奥で思っています。

 

それがおねしょという形で
具現化されるケースもあります。

 

子どもが親に自分の方に
もっと目を向けて欲しいという
願いが起こさせる症状としては、
不登校があります。

 

親も本人もなぜ
学校へ行けないのかという
本当の理由は分からないので、
毎日のストレスは
大変なものとなっていますよね。

 

親はいつになったら
行ってくれるのかと心配するあまり、
明日こそ行けるよねと念を押します。

 

子どもの方も、
親に迷惑をかけているし、
学校に行けない自分にも
情けないと感じているので
明日こそは行けると約束します。

 

しかし、子どもの潜在意識では、
そうやって親が自分のことを
心配して気にかけてもらえる
という恩恵を受けているから
なかなか学校に行けるようには
なりません。

 

鬱状態になったことでの
疾病利得というのがあります。

 

それは、
自分を辛い状態に
追い込んでいる毎日から
開放されるというメリットです。

 

今のままの毎日を
続けていくことの限界を
潜在意識が感じたときに、

 

鬱状態を使って
身体を動かすことが
できないようにしてみたり、

 

何もする気が起きなくして
辛い現実から逃れようとします。

 

潜在意識の中にこうしたい、
ああして欲しいという
強い願望があると、

 

本人の表面意識とは無関係に
病気を利用してまでも
それを実現しようします。

 

本人の潜在意識の中にある
強い依存心などが原動力となって、

 

疾病利得を勝ち取るために
病気などを起こします。

 

自分が何かの症状を
抱えているとして、

 

それがなかなか
解決しそうにない場合には、

 

一度、症状を起こしていることの
メリットってなんだろうと

 

自分の症状を引き起こさなけれえばならない
本当の理由を考えてみることは
意味のあることかもしれません。

 

病気に限らず、
怪我や事故などが
頻発するような場合も同様です。

 

自分の症状を引き起こしている
本当の理由は、本音はなんなのか?

 

このことに気づいていくことを
していかないと、
この先の状況というものは
どうなっていくと思いますか?

 

何度も何度も、
同じことを延々と繰り返していくことになります。

 

気づかなければ、
年齢を重ねるにつ入れて
より一層、症状は悪化していくことでしょう。

 

もしかすると、
なんとか改善したいとか
変わりたいとか

 

そういうことにやっと
気づけたとしても
あなたの心の中がゴミ屋敷状態で
身動きさえできなくなっていたとしたら
どんなに優れたノウハウを実践しようとも

すでに自分で実践していくだけの
気力も、パワーも、意欲も持てないという
状態になってしまっているかもしれません。

 

けっして脅かしではないんです。

これが現実です。

 

でも、そんな状態であったとしても
プロの専門家のサポートがあれば、
自分に向き合っていける可能性があります。

 

ぜひ、一度プロの専門家に
相談してみてくださいね。
http://mentalhealingroom.com/menuw/onesesion/yoyaku

 

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか?
「ためになったよ」とかなんでもいので
Lineにコメントくださいね!
それだけでも励みになります。

 

また、もっとこんなことについて
書いてほいしものがありましたら
遠慮なくコメントくださいね!


LINEで感想やご要望をお聞かせください。
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。
https://line.me/R/ti/p/%40buk3722l


 


親の愛とは本来、無条件なもの!~


 

昨今、多くの親たちは、
子どもを自分たちの都合でつくるものと
思わざるえないような大人が
多いような気がいたします。

 

「まちがって、できたゃった」

「子どもは産むものだから」

「家族をつくるのは当然だから」

「年をとってから、さみしいから」など、

続きを読む


親密な男女関係が続かないワケ!


こんにちは、
アダルトチルドレン克服専門真理セラピストの金澤です。

 

本日のテーマは、
「親密な男女関係が続かないワケ」
についてシェアしたいと思います。

 

いつまでたっても
長期的に親密な男女関係が
たもてないその理由を
考えてみましょう。

 

あなたは、
こんな体験をしていませんか?

 

自分が育った家庭で、
夫婦仲の悪い人間関係を
見て育ちませんでしたか。

 

子供のときに、性的虐待は
ありませんでしたか。

 

親密になったとたんに
ふられたり、相手が去ってしまった
という経験を繰り返しませんでしたか。

 

なぜ、こんなパターンに
なってしまうのでしょうか?

 

それは、

 

相手を一人に限ってしまうと、
自分のファンタジーが
つぶれてしまうからでしょうか?

 

いったん長期的な人間関係に入ると、
相手に対する責任が出てくるからですか?

 

セックスに対する恐れ、
不安があるからですか?

 

自分に不満があるのを
相手にすり替えて、
相手が不十分である、
自分の期待にそわないといって、
拒否をしていないでしょうか?

 

相手と一対一の
対等な人間関係をもつのに
慣れていないからですか?

 

それとも相手に夫や妻ではなく、
父や母を求めているからですか?

 

相手の人間性よりも
地位、顔、お金など、
表面的なものにひかれて
しまうからでしょうか?

 

次から次へと相手を替えないと、
愛してもらっている気がしなかったり、

 

自分はみんなから欲しがられていると
思うことによって低い自尊心を
あげようとしていませんか?

 

もう一度よく、
親密な男女関係が続かない理由を調べて、
それぞれ対処していきましょう。

 

————————–
相談する勇気が持てない方は
こちらをクリックしてください。
http://mentalhealingroom.com/yoyaku


身体の意味?


 

『ここはこういった意味がありますよ』と
いうものを少しご紹介しますね。

 

例えば、右半身・左半身について↓

続きを読む