fbpx

▮ プロフィール

 

アダルトチルドレン克服専門の心理療法室
『メンタルヒーリングルーム』主宰者

 

金澤修一(かなざわしゅういち)埼玉県さいたま市在住

 

元IT業界で、社員教育の企画や職場のメンタルヘルスの仕組み作りに関わり、職場復帰支援や、メンタル相談など産業カウンセラーとして活躍。

 

現在は、アダルトチルドレンの症状に苦しむ方を専門に心理セラピストとして、10種類以上の心理手法を駆使して症状の改善及びよりよい生き方に変えていくセッションを提供している。

 

活動開始以来、セッションを行ってきたクライエントは延べ3,796人超。

 

相談者は、職場の人間関係、過去のトラウマ体験、夫婦関係や親子関係の悩みから目標や目的、生きる気力を失い自信が持てない方、頑張っても報われないと感じている方など男女問わず幅広い相談に応じている。

 

心理学と瞑想法を融合したプログラムを考案し、アダルトチルドレンの症状に苦しむ方を対象に約68名以上の方に92.7%の改善効果を実証してきた。

 

※新規プログラム参加者の募集は本人のメルマガにて年1回のみ。(前回応募者は100人超え盛況)

 

「自分らしく 心豊かに 生き直す」がモットーで、今もなお、自分の気持ちや感情に気づかず、対人関係や日々の生活に生きづらさを感じている方や、「過去の自分と同じような人の力になりたい」そんな思いでこの仕事をしています。そのために、ひとりひとりのセッションを大切にしています。

 

 

 

【現在の活動】

・心の悩み相談(個別相談)

・プログラム参加者へのサポート

 →ヒーリングセッション、心理療法、心の成長支援、心理学講座など

・定期的なグループヒーリングワークの開催、講師

・コンテンツ制作など

 

【モットー】

・信頼、責任、行動

・変わりたいという決意が堅ければくじけることはない

 

【今後やるかもしれない企画】

・生き方を変える合宿プログラム

・山登りで自分の心を見つめるトレーニング

・全国ヒーリングワークツアー

・心理学講座の全国直接開催

 

【その他】

◎ 2017年2月に処女作「インナーチャイルド・ワーク」を出版。2017年2月に処女作「インナーチャイルド・ワーク」を出版。

◎ 趣味は登山、瞑想。暇があれば、関東近郊の山へでかけています。

 

金澤修一物語

 

 

【心理セラピストとしての経歴

■ 40歳で産業カウンセラーを取得し、カウンセリングを開始する。
■ NPO「いのちの電話相談」で相談員として活動。
■ 日本・精神技術研究所にて「フォーカシング」を学ぶ。
■ プロセス指向心理学創始者:アメリカのユング派心理学者アーノルド・ ミンデル氏のドリームボディ・ワークセミナーに参加
■ 国際的退行療法セラピストのトリシア・カエタノ氏より前世療法を学ぶ。
■ 日本初開催のプロフェッショナルコースに参加。ヨーロッパを代表する 回帰療法の第一人者ハンス・テンダム博士より第一期生として、「多次元セラピー」を直接ご指導いただき「Tasso Institute 認定多次元 セラピスト」の認定をいただきました。
■ アメリカで心の用い方の訓練プログラムとして開発され、精神疾患の 治療として再構築された「マインドフルネス心理療法」を学び体系化したプログラムを考案。
■ サイエンス・オブ・エンライトメントにてヒマラヤ聖者・ヨグマタ相川圭子 より ディクシャを伝授していただき、日々日常的に瞑想修行に取り組む。

 

専門資格

■ 多次元セラピスト 【Tasso Institute公認セラピスト認定
■ 産業カウンセラー(社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
 マインドフルネス心理療法(「自己洞察瞑想療法」)セラピスト特定非営利活動法人マインドフルネス総合研究所認定 )
 THP心理相談員(中央労働災害防止協会認定:THP指導者養成)