電子著書「インナーチャイルド・ワーク」

好評発売中! Amazonでのご購入は »こちら 

インナーチャイルド・ワーク Kindle版 
金澤修一 (著)


インナーチャイルドとは、過去に深く傷付いて癒されずにそのまま置き去りにされた子供。
心の中に誰でもがこの「インナーチャイルド」を抱えたまま大人になっています。
気づいて癒してあげない限り、簡単に消える事はありません。

助けを求めて、何度でも悲しみや恐怖、怒りや絶望等を復活させ発作を起こします。
もし、強烈なショックで泣き叫んでいるインナーチャイルドを沢山抱えていたならば、
日常生活の中での同じ様な状況が引き金となり、感情があふれ出し、パニックや苦しさ不快感、
突発的な行動、不安や罪悪感等に振り回されてしまいます。

あなたがチャイルドを、自分の人生にとってかけがえのないものとして受け入れるなら、
チャイルドと対話し、その声を聞き、チャイルドに境界を作って与え、けっしてチャイルドを
見捨てないと納得させることができたなら、ワンダーチャイルド(自然な子どもの心)の
新鮮な視野でものごとをとらえ、何年ものおとなとしての経験で、豊かで深みのある自分になる
ことができるでしょう。

読者レビュー1


私は心理カウンセラーをしています。