fbpx

雑念のない時間が多い人ほど、 幸福に近づく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

本日は、
「雑念のない時間が多い人ほど、
幸福に近づく」について
シェアしたいと思います。

 

(引用)
「人生の目的は、
幸福と心の平安を得ることである」

 

と言ったのは、ブラアン・トレーシー
(営業の神様,1944年カナダ・ プリンスエドワード出身。 アメリカでもっとも著名なスピーカーであり、 ビジネスコンサルタントの権威)です。

この定義に、私も同感です。

 

「人は、自分の人生を生きている
という実感がなければ、
豊かな人生を送ることはできない」

 

そう思います。

 

では、
ブライアンの言う、
「幸福と心の平安」を手に入れるためには
どうすればいいのでしょう?

 

ポイントは、
「今ここ」の瞬間を感じること
と私は思っています。

 

人生全体で、
また毎日の生活の中で、
「今ここ」の瞬間、瞬間を
どれだけ長く感じていられるか。

 

そのことが幸福と心の平安を
手に入れるための
重要な要素になります。

 

====================
ストレスは未来の不安と
過去の後悔からやってくる
====================

今、マインドフルネスがブームです。

 

瞑想によって、
自己の内面を観察し、
「今ここ」に集中すること。

 

それが、マインドフルネスです。

 

ストレスマネジメントからすれば
未来の不安や過去の後悔から
抜け出すには外的環境を変えるよりも、

 

「今この瞬間に浸る」ことのほうが
断然いいです。

 

なぜかというと、
「今この瞬間に浸る」とは、
まさにある一定のゾーンに集中し、
雑念がない状態になるからです。

 

たとえば座禅や瞑想をして、
呼吸に集中していると
それ以外のことが頭から
徐々に消えていきます。

 

そこには静寂があり、
穏やかさや豊かさが広がってきます。

 

禅や瞑想が昔から存在し
人々に引き継がれてきたのは、
本質的な意味がそこに存在するからに
他なりません。

 

そこで、「心の平安」を得るためには、
まずは今ここの瞬間に集中すことが
重要ですが、

 

では、なぜ心の平安を得る、
今ここへの集中が重要なのか

 

例えば私たちが
疲れたり不安になったりした時に
心のメンテナンスが不十分だと、

 

ついつい悪い習慣に入ります。
アルコールは、そのいい例です。

 

お酒で、未来の不安と
過去の後悔から逃れるために
まぎらわし行動に入る。

 

また、
パチンコや競馬、マージャンなど
刺激が強くギャンブル性の高い娯楽で、
今この瞬間に入ろうとする。

 

現実から“逃避”して
勝ち負けの世界にはまり込むんです。

 

言うまでもなく
アルコールやギャンブルというのは、
度が過ぎ依存状態になると、
健康や経済の破滅を招きます。

 

これを、ジャンクフロー
「体に悪い没頭状態」と呼びます。

 

============================
「マインドフルネス」習慣で幸福度は増す
============================

テレビやスマホも、
今この瞬間に没頭できる
シンプルで手軽な手段ですが、
長いと弊害があります。

 

では、
「今ここ」に集中する好ましいパターンとは
どんなものがあるのでしょう。

 

それは、
瞑想、座禅、ヨガのほか、
家族やパートナー、友人などとの談笑など。

 

大事なことは、
自分がそれをしていて

 

「心地よく感じるもの」

 

「好きなもの」であること。

 

============================
ワクワクゾーンに滞在する時間を長くしよう
============================

「今ここ」に集中することは、
癒しやストレス解消だけが
目的ではありません。

 

幸福を得るためにも
重要なポイントなんです。

 

いわゆる、
「今ここ」に集中した状態は、
時間の経過を忘れてしまうほどの
活動をした際にしばしば起こります。

 

子供の頃、
プラモデルを作ったり、
パズルを作ったりして一心不乱になって
没入した経験はありませんでしたか?

 

大人でも、
時を忘れるほど熱中できることがある、
そしてそのために1日に
どれくらい時間を持っているかで
人生の幸福感が変わってくるのではないでしょうか。

 

では最近、幸福を得る、
「今ここ」に集中した状態は、
いつですか?

 

私自身のことをお話しすれば、
セラピーやセジョンなど
クライエントさんとかかわっているときは
100%の純度で没頭しています。

 

メールも電話もシャットアウト。
食事も取らない。

 

完全な「自分時間」。

 

それは、私にとっては至福の時間です。

 

人によって、
幸福感情を抱くことができる活動は
いろいろでしょう。

 

読書をしている時、
仲間とワイワイ盛り上がっている時、
おしゃべりをしている時、
趣味のゴルフをしている時、
旅行をしている時など……。

 

大切なことはそれぞれで、
「今ここ」に集中した状態というのは
自分自身をじっくり味わうことです。

 

「今ここ」に集中した状態の時間が
長い人ほど幸福感が高いのではないか。

 

私はそう考えています。

 

自分を癒しながら、
人間関係関を改善して
自分らしい人生を歩みたい人は
体験セッションにご参加ください。
http://mentalhealingroom.com/spiritual/taiken/

 

自宅にいながらオンラインでインナーチャイルドを癒す方法が学べます!
http://mentalhealingroom.com/spiritual/program/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メンタルトレーニング「心理学×瞑想法×脳科学」


無料説明会に申し込む