fbpx

被害者意識をもっている人の 言葉づかい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

被害者意識を持っている人って
どんな言葉使いをしているか
あなたご存知ですか?

 

こんにちはかメンタルトレーナーの金澤です。

 

大人の場合、

たいていの人は
被害者となることを
自ら許したり、
自ら被害者となる行為に
参加しているものです。

被害者意識をもっている人の
言葉づかいを聞くと、

 

「あの人が私を苦しませた」

「誰それにあんなことをされたから私はこうなった」

「夫が私が外へ出るのを許さないんです」などと、

物事を、他人のせいにして
自分は被害者にすぎないかのように
言うことが多いものですよね。

 

このような
言葉づかいをしていると、
無意識のうちに、
自分は何の力もない
被害者であることを
肯定してしまいがちです。

 

自分は、
被害者になる必要がないことを
学びましょう。

 

あなた自身、
どんな言葉づかいをしているか 
注意してみましょう。

 

「自分は苦しかった」
「誰それはああいうことをするけど、私はこうする」
「夫は私が外へ出るのをイヤがるかもしれないが、
私は、どうにかして夫も自分も納得できるよう
話し合いを進めていきたい」など、

 

自己の力を肯定する方向に進み、
被害者意識を売りものにするのは
やめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください