根本原因は

予期せぬ災難は必然的だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予期せぬ時に災難っておきます!

普通に歩いていても、 刺されてしまうこともあるし、 車が突っ込んでくるかもしれません。

そういう人というのは、

過去に記憶があって、 自分の顕在意識ではそういう争い事や 不幸を思っていなくても、
災難を引き起こしてしまう カルマをもっているわけです。


※カルマ=過去の自分の選択や振る舞いから来るすべての行為。
 自分がなしたことが自分に返ってくる。全ての現象において、その原因があって、その結果がある。
「善い行為によって、善い結果が得られ」「悪い行為によって、悪い結果が生じる」ということです。


大病を患ったり、 事件に巻き込まれる場合は、

いずれも自分で意識しなくても カルマが潜在しています。

 

誰でも、そうしたカルマが 大なり小なり染みついているために、
それらが現象化して、 人間関係のトラブルになったり事件に巻き込まれたり 病気になったりするのです。

 

病気が心や体にくる場合でも、 目が弱い人、 耳が弱い人、 胃が弱い人、 腎臓にくる人、 腸にくる人 、
お腹にくる人、 足が悪くなる人と、 カルマによって、 さまざまに異なります。

 

同じ病気であっても、 人によっていろいろな ウイークポイントがあり、
そのバランスをとろうとして、 そこのエネルギーが異常を 起こしているのです。

 

いま現れていることは、 みんなカルマによって 現れているわけです。

いま積んだカルマが、 また将来に現れます。

 

 

だから、日々カルマを積まない 生き方が重要ですね!

楽しく、イキイキとした日々を過ごせるようになるには

 

日々良いカルマ(高徳)を心がけていくには、「心の使い方」を学び実践していくトレーニングが 必要だと思うんです。

メンタルヒーリングルームでは、その学びを含めた実践的トレーニングを提供することができます。

関心のある方は是非、下記ホームページよりお問い合わせください。
http://mentalhealingroom.com/

 

カルマの法則について「江原啓之」さんが語っています⤵

 

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。