アンケート受付中

「インナーチャイルドの癒し」をテーマに
体験型のヒーリングワークセミナーを企画中です!
今回は、参加者の希望に沿った内容をふんだんに盛り込みたいと考えています。
是非とも内容に関するアンケートにご協力いただきたくよろしくお願いいたします。

簡単なアンケートにお答え頂くと、今なら期間限定で、
イメージしていくだけで心のデトックスができちゃう
セルフヒーリングシートをプレゼントしています。

アンケートはコチラから⇒bit.ly/2hQZNzz

カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) | コメントする

エゴのない喜び

こんにちは、
多次元心理セラピストの金澤です。

いつもブログを読んでいただき
ありがとうございます。

本日のテーマは
「エゴのない喜びについて」

何かの願いが叶って
嬉しいとき、
人は、しばらく喜びの興奮が
冷めやりません。

その人の幸せを、
周りの人も喜びます。

人の喜びを、
自分の喜びにすること、
これははかりしれない
「慈愛」です。

母のような愛ですね。

この慈愛で、
多くの人が幸せになると、
心が浄化され、
世の中に平和と幸福が
広がると思うんですね。

何かを自分のために得たという
「エゴ」の喜びではありません。
***************************   

勝ち負けではなく、
すべては、
大きな何かの力によって
与えられる恵みであり、
学びだと理解することです。
***************

人はともすれば、
勝ち誇ったり、
負けたと思い、
嫉妬や悲しみを抱え、
落ち込んだりと、
エゴで苦しんだりする回路が
発達しています。

エゴの喜びの追及も疲れます。

喜びは、幸福です。
人の喜びを自分のものとします。

エゴのない喜びは、
社会を幸せにします。

 

追伸:

続々とアンケートに

ご回答いただいております。

本当にありがとうございます!

多次元セラピストBLOGに関する

ご意見・ご感想など、

是非どしどしお寄せくださいね。

まだまだ受付中です!


________________

簡単なアンケートにお答え頂くと、
「セルフヒーリング音声ファイル」無料プレゼント

https://ssl.form-mailer.jp/fms/98dce7c5354540
________________

毎日笑顔で人生を楽しめる心になるため
に「こころ」について学びます。
アダルトチルドレンの生きづらさから脱却
するヒントが満載!
メルマガ「心の学び舎」へご登録ください
________________
超格安カウンセリングを始めましたよ
あなたのお悩みをお聞きしてケースbyケ
ース場面での最適なメッセージをプレゼ
ントさせていただきますよ。
お申し込みはこちらから⇒
________________
スピリチュアルカウンセラー金澤からの
メッセージを素直に夫婦間で実践した方
から、こんなお手紙をいただきましたよ!
こちらからどうぞ⇒
________________
目からウロコのヒーリングセッション無料体験
「生きづらい現実」から「仕事も恋愛も結婚も
夫婦愛も毎日を笑顔で楽しむ自分」に
変えたい・・と 本気で感じているあなたへ”

”4つの心理テクニック”を駆使して、
生きづらい現実から、願望成就へと
生き方を変える”7つのステップ”をご紹介します。
こちらをご覧ください⇒
________________

心理セラピストのプロフィール

カテゴリー: ●トラウマが溜まる時 | タグ: | コメントする

最悪の状態を作らない!心のスキルトレーニングがもたらす効果と目的

●最悪の状態を作らない!心のスキルトレーニングがもたらす効果と目的

こんにちは、
メンタルヒーリングルーム心理セラピストの金澤です。

今回は、こころのスキルトレーニング【自己洞察瞑想療法】
呼吸法による「瞑想法」がもたらす効果と目的についてお話しいたします。

あなたは、
対人関係や、
日々生活している中で
ストレスに感じる時って、
自分の内側で
どんなことが実際起こっているか
考えたことはありますか?

ストレスを感じる場面って
たくさんありますよね。

対処できないこととか、
見通しが立たないこと、
または、耐えられないような
出来事があった時など

とってもエネルギーを
消耗してしまいますよね。

そんな時って、
あなたの内側で、
繰り返される考えや、
感情が瞬時に
湧き上がってきているのでは
ないでしょうか。

不満や嫌悪、怒り、憎しみ、
後悔などもあるかもしれません。

悲しくなったり、
ことによっては
絶望的な感じになることさへ
あるかもしれません。

こういった感じが続いていくと、
身体反応として

胸が苦しい、
心臓がドキドキ、
呼吸が荒い、
気分が悪くなるなどの
反応がでてきます。

ストレスのある出来事が
ある都度、
こういった感情の動きや
身体反応を
繰り返しているのが
当たり前になっていりかまもしれません。

こういったストレスの蓄積が
次のような精神的な
機能の低下を
引き起こしてしまいます。

抑うつ気分、イライラ、
興味の喪失、喜びの減退、
食欲の減退、増加、不眠、
睡眠過多、疲労感、無気力、
無価値感、罪責感、思考力、
集中力の減退、決断困難、
希死念慮、自殺念慮

いかがでしょうか。

「瞑想」と
「自己洞察」手法を
取り入れている
心のスキルトレーニングは、

ストレスのある出来事があった時に、
すぐさま繰り返される
ネガティブな思考や、感情に
心を奪われず、
最悪な状態(精神的な機能の低下)に
いかないようにするための
心のスキルトレーニングであることが
目的になります。

不快な思考や感情などにとらわれて、
価値ある現在の情報や行動を
見失うことのない
「心」の持ち方のスキルなんですね。

そして、
繰り返される考えや感情が
でてくるということは、
どこかで出来事に対して
必ず評価やジャッジをしています。

その結果、不快な感情を
引き起こしてしまっているんですね。

ですから、ここでは無評価になること。

正しいー誤り、
すべき-すべきでない、
良いー悪い
といった判断を行わない
トレーニングをしています。

トレーニングのポイントは、
その瞬間のなかで、
注意を集中させる対象を
一つだけとすること。

つまり、集中させる対象を
繰り返される考えや、
感情の代わりに「呼吸」、
「行動時の動作、感覚」に
注意を向けていくというものです。

図式化すると
①ストレスのある出来事→
②繰り返される考えや、感情→
③不満や嫌悪、怒り、憎しみ、後悔→
④精神的な機能の低下

心のスキルトレーニングでは、

③以降の最悪な方向にいかないよう、
②の段階で方向転換ができるように、
自分の価値の方向に行けるようにするための
最新の「心のスキルトレーニング」なんです。

日々実践を継続していくと、
以下のような
効果改善が期待できます。

■日常生活での、もののみかた全般に変化が起きる。

■つらいことがあってもみだりに思考を暴走させず、「いやな感情・気分」にならない時間があることに自覚できる。

■感情、気分が好転する。

■種々の意欲、生きる意欲も出てくる。

■思考や感情は、生滅するもので、執着すべきものではないことが身にしみてわかる。

■一時の観念や感情や欲望にふりまわされず、静かに自分自身(作用、作用を起す自己)を深く観察し、建設的なことに精神を向けていくという生き方になる。

いかがでしょうか。

 

追伸:

続々とアンケートに
ご回答いただいております。

本当にありがとうございます!

多次元セラピストBLOGに関する
ご意見・ご感想など、
是非どしどしお寄せくださいね。

まだまだ受付中です!

________________________

簡単なアンケートにお答え頂くと、
「セルフヒーリング音声ファイル」無料プレゼント

https://ssl.form-mailer.jp/fms/98dce7c5354540
________________________

毎日笑顔で人生を楽しめる心になるため
に「こころ」について学びます。
アダルトチルドレンの生きづらさから脱却
するヒントが満載!
メルマガ「心の学び舎」へご登録ください
________________________
スピリチュアルカウンセラー金澤からの
メッセージを素直に夫婦間で実践した方
から、こんなお手紙をいただきましたよ!
こちらからどうぞ⇒
________________________
目からウロコのヒーリングセッション無料体験
「生きづらい現実」から「仕事も恋愛も結婚も
夫婦愛も毎日を笑顔で楽しむ自分」に
変えたい・・と 本気で感じているあなたへ”
”4つの心理テクニック”を駆使して、
生きづらい現実から、願望成就へと
生き方を変える”7つのステップ”をご紹介します。
こちらをご覧ください⇒
________________________

心理セラピストのプロフィール

カテゴリー: ●心のスキルトレーニング法 | タグ: | コメントする

私はアダルトチルドレンでしょうか?

私はアダルトチルドレンでしょうか?

というクライアントさんは非常に多いですね。

この部ログでもアダルトチルドレンについて記述しています。
http://ameblo.jp/mental-9028/entry-11414761112.html

アダルトチルドレンと一言でいっても、
内容や状態には様々なものがあります。

アダルトチルドレンの中でも、
全く逆の性質を持った種類の性格も存在します。

これは、機能不全家族の状態によって、
考え方や感じ方の偏りが多くあります。

ここでは、いくつかのアダルトチルドレンに見られる性格的特徴をお話していきますね。
まず、ACというのは病名ではありません。

なので、よく医療機関でやカウンセラー(臨床心理士)などから
「あなたはアダルトチルドレンです」なんて言われるようであれば
受診はお勧めできませんね。

また、ACかどうかということは、
他人に判断されるものではなく、
自分で判断し、自覚していくものです。

そしてACという概念は、
決して「自分はACだからダメだ・・・」と
自分を責めるためのものではありません。

自分が今しんどい思いをしているのは、
過去の家庭体験の中に大きな理由があるということを発見し、
受容し、安易に自分を責める習慣から解放されるために、

そうしてそこから、人間としての成長をしていくためのひとつの概念なのです。

下記に、一般的に言われるACの特徴を挙げておりますが、
以上のことをご確認の上、あくまでも参考までにご覧ください。

機能不全家族で育った方の特徴、傾向は次のようなものです。

1、物事を極端に、白か黒かに分けて考えようとする傾向があります。
  たとえば、自分と違うものを悪と決め付けてしまう。とか

2、自分が悪くても、反射的に自分以外の悪いところを探す傾向があります。
  他者の否定や、責任回避に必死になったりします。

3、一つの良くない出来事があると、それが同じように繰り返し起こると感じてしまう傾向があります。
  自分の目に見えているものしか判断材料に出来ないとか。

4、わずかに良くない出来事にこだわって、そればかりを考えてしまい、その他の良い出来事は無視してしまう傾向があります。(視野が狭い)

5、良い出来事でもそのまま受け取らず、悪い方へ考える傾向があります。

6、相手の事に対して、先読みや早合点をし、主観的に捉える傾向があります。
  思い込みが激しいとか

7、自分の失敗を過大に考え、長所を過小評価する傾向があります。

8、自分で感じた事が全てで、客観的な捉え方が出来ない傾向があります。

9、自分に責任がないようなケースでも、関わったがために自分が悪いと思う傾向があります。

いじょうのような傾向は、持ち合わせた気質と、育った家庭環境によって偏り方や度合いが変わってきます。

機能不全家族で育った場合、その偏りが大きくなり生きづらさにつながっていきます。

今回の記事について
「ご意見」「感想」は
大歓迎です!

■簡単メルマガ感想フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/58481985190414

追伸:
続々とアンケートに
ご回答いただいております。
本当にありがとうございます!

セミナー&ヒーリングワークに関する
ご意見・ご感想など、
是非どしどしお寄せくださいね。
まだまだ受付中です!
↓________________________
簡単なアンケートにお答え頂くと、
「セルフヒーリング音声ファイル
有料版を」無料プレゼントいています!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/98dce7c5354540
________________________

カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) | タグ: | コメントする

よい子から抜け出す方法(三角形ドラマの法則)

こんにちは、
アダルトチルドレン”癒しのワーク”専門家
 多次元心理セラピストの金澤です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は、「良い子」から抜け出す方法を お話したいと思います。

私たちは、 日常の人間関係の中で、 誰もが、次のような役割分担をしています。

A課長が営業課の部屋に入ったら、
 今年入社したばかりのB君と、
先輩であるCさんが
言い争いしているのが聞こえました。

先輩Cさん
「どうして、営業日報をださないの?いつもい つも言い訳ばかり言って!」 【1】

新人B君
 「だから今度から出しますって言ってるじゃな いですか。」 【2】

Cさん
 「あ、課長。ちょっと言ってやってくださいよ 。B君は全然報告をしないから、私、困っちゃっ てるんです。」 【3】

A課長
「まぁまぁ、そうカッカしないで。B君だって 入社したばかりなんだし、あまり些細な事で大喧 嘩してもしょうがないだろ。」 【4】

Cさん
 「些細なこと? 課長は確か、私が入社した時 に『仕事で一番大事なのは【ホウレンソウ(報告 ・連絡・相談)】だ!』って言いましたよね。」 【5】

A課長
 「そりゃ、確かにそうだけど・・・」 【6】

B君
 「報告がそんなに大事、なんて僕は入社してか ら今まで、聞かされなかったですよ。」 【7】

A課長
 「言わなくても大事に決まってるだろうが! そんな事は常識だっ! 大体なんだっ!その茶色 い髪は!」 【8】

Cさん
 「まぁまぁ そんなチャパツくらいの些細な事 で怒らなくても。」 【9】

・・・役割が入れ替わっているのに気付かれました か?

・・・実はキーワードは【良い人】なんです。

o0280016811969005695

 【三角形ドラマを演じる3つの役割分 担】

人は誰でも【良い人】と思われたいんですね。

【悪い人】にはなりたくないんです。

【4】と【9】(【7】も一部含まれます。)を 分析してみてください。
良い人になりたい・・・というのが表れていますよね。

だから、救援者の【成り手】が後を絶たないんです。

でも、【良い人】って、
 それなりの何かを求められたり、
 批判を浴びたりしてしまいがちなんですよね。

すると今度は【良い人(救援者)】のはずが、
 いつのまにか【被害者】になっている ・・・
という悪循環となってしまいます。

また、【5】を見てください。
 【悪い人】にはなりたくない
・・・というのが表れているでしょ?

だけど実は【悪い人になれる人】が、
 この悪循環の【ドラマ三角形】や、
 【後味の悪いゲーム】から脱出できるんですよ。

対人交流で後味の悪い思いをしたら、
 これは【ゲーム】ではないか、と考えてみてくだ さい。
 
【ゲーム】と気付いたら、すぐに役割から手を引 くのが大事です。

【犠牲者】
他者の助けを誘うような無力さがあります。
 弱いように見えて、実は三者のうちで最も強力な
役割を演じます。
 「私は何をやってもうまくいかない」
 「どうせ人はみな本気になって私のことなんか考 えてくれない」
と考えやすい。

人生にゆきづまりやすい。
自分でどうしたらいいか、いつも困っている。
自律、自助にチャレンジすることに消極的で、
人に援助の手を差しのべることにも、うとい。
「なぜ、私がこんな目にあわなければならない のか」
 「こんなに私が無理しているのに」

【迫害者】
自分を中心とする排他的な考えを取り、
相手を見 下します。
また、相手のミスを正そうとする役割を演じます 。
 意見が異なったりけんかしたりすると、
最後まで 戦おうとします。
基本的な構えは「私はOK、他人はOKでない」 の
立場を最大限に強化する。

人間関係を分裂させるような有害な行動をとり やすい。
「あら探し」
「追い詰め」
「あなたと彼を戦わせよう」
「あれだけ言ったじゃないか」

【救済者】
 救済では実際のところ相手の自立、
判断を損ない ます。
結果的に、相手の他者に対する依存心を高めたり 、
事態を悪化させる役割を演じます。
 
トラブルから身を守りたい。
一見世話好きのように人の目にうつるので、
自己 否定、他者肯定の人とは考えにくいが、
長く付き 合うと実態がはっきりしてくる。

「あなたを何とかしてあげたいと思っているだ けなんだ」
・「私にやらせてくれないか」

三角形ドラマから抜け出すには

まず、自分の三角形ドラマでの役割を知り、
理解することで、
自分がどういうときに、
三角形ドラマに巻き込まれ、
 ドラマを演じてしまうのかわかります。

そして、それを避けられるようになります。
 三角形ドラマにいるかどうかの見分け方は、
 人生がうまく行っておらず、
 同じパターンを使い何回でも同じ解決法を
用いようとしていないかどうか
 話し合いが堂々巡りしていないか
という点に 着目します。

もし、自分が三角形ドラマを演じていることがわかったら
そこから抜け出す方法は

自分の感情、正直な感情を感じてください。
自分の感じていることについて、本当のことを 話してください。
そして、他人の押し付ける罪悪感を受け取らな いでください。
もちろん、自分も他人に罪悪感を押し付けない でください。
そして、三角形ドラマから抜け出そうとしてい るのだから、
迫害者と非難されることに対しての恐れを感じてもいいから、
 正直な気持ちにそって行動してください。

おそらく、ほかの二人から、
 迫害者の位置づけをされるでしょうが、
 それでも罪悪感を感じることなく、
本当の感情に基づいて行動し続けてください。

そうすることで、このドラマ役割から抜け出せま す。

カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) | コメントする

一番大事なことを手放すと!

こんにちは多次元心理セラピストの金澤です。

お金とか、一番大事なことを手放して、
最高に大事なものが
呼び寄せられ、
手に入る。

物質的なものは何もいらなくなり
エゴによる欲求もなくなる。

そんな境地になれたら
どんなにか自由で楽であるか
と思います。

わかってはいるけどやめられないのが人間です。

私たちは、どれだけ持っているお金や物を
生かして使っているでしょうか。

いくら物質的な豊かさがあっても
使いこなしていないのではないでしょうか。

あなたの部屋の中で、
どれだけのものを使いこなしているでしょうか。

エゴが執着しているお金や、
一番大事なものを捧げ、手放すと
より良いものを呼び寄せることが可能になります。

自然と人間関係が良くなったり、
物事がスムーズにいくようになったり、
病気がよくなるなどの
奇跡が起きたりします。 今回の記事について
「ご意見」「感想」は
大歓迎です!

■簡単メルマガ感想フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/58481985190414

<お知らせ>—————————————————————
「嫌われたくない症候群」のための体験セミナー”トラウマが消える2時間”
8月27日(土)10:00~12:00
セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aKVPlp
8月27日(土)13:30~15:30

セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aWRQWa

カテゴリー: ●心の浄化法 | タグ: | コメントする

本当の愛って どういうものだと思いますか?

人それぞれの感じ方があるでしょう。

本当の「愛」って

それは「与えること」  です。

「与える」っていうと、 人は、自分の財産を与える  とか
自分の時間を相手のために使う とか
自分の労力を相手のために費やす とか

なんだか、

あげた側が損をする 何かを失う

といったイメージを 抱く人も多くいらっしゃるかもしれません。

人は、「損得勘定」には敏感ですからね
まして、失敗したくないし、
損をしたくないという思いが

無意識のうちに働いてしまうものです。

人に何かをしてもらうことは寛大なのに
自分が人に何かをしてあげるってことには
警戒してしまいます。

その結果、私たちはいつの日か 「与えること」が
不得意になってしまったのかもしれません。

昔なら、大家族で育ったり ご近所づきあいなど
多くの人たちと触れ合う機会があり、
そこでは、「与えたり」「与えられたり」 が
自然と行われていたものです。

よき時代の日本

幼い子が転んだら さっと手を差し伸べて助けたり

困っている人がいたら 「これ食べて」とおかずを分けたり、
勉強ができない子に できる子が教えたり

そこには、 ギブアンドテイクの発想もなかったはず。

与えられた側も ただ感謝して受け取り、
そして与えた側は、 相手の喜ぶ顔を見ることがうれしい
そういうピュアな喜びがあったものです。

こうした「愛」のやりとりの実感があれば、
抵抗なく「与える」「受け取る」行為が できるはずです。

しかしながら、 現代はどうでしょうか。

家族も兄妹も少なくなり、
近所づきあいも減り、
学校では全員がライバルのようになり、

その結果、私たちは 「表面でつきあうこと」を
覚えてしまったんです。

”本当の愛”を経験したのならば

見返りを求めずに

ただ愛を差し出す練習を

はじめましょう。

「与える」とは、 相手のために何かをしてあげること

優しい言葉をけてあげましょう。

困っているときに手を差し伸べてあげましょう。

相手が必要としていること

相手にしてあげちと思ったことを

何の見返りをも求めず

ただ無心で

してあげましょう。

私たちのマインドは、
瞬時に損得を感情するクセがついています。

先に「得」や「見返り」を期待して 行動するので、
それが得られなかった時、
何かを失ったような、 損をした気分になるんです。

エゴに振り回されず、
ただ愛のままに行動していれば
幸せを感じられるんです。

愛から行ったことは、
見返りがなくても、
相手に受け止めてもらえなくても、
後悔したり、 傷ついたりすることは ないんです。

なぜかというと

ただ自分から愛を出すことができただけで
深く満たされているからなんです。

自己満足だと思いますか??

愛からの行いは、 必ず幸せを生み出すものです。

逆に、「自分の利益」を求めはじめた瞬間から 幸せは崩れていきます。

「愛されたい、もっと愛してほしい」 と喘いでいる人は、
本当の愛がどんなものかを 勘違いしているのかもしれません。

本来人は、あなたは、 すでに、
あふれんばかりの愛を手にしているんです。

限りなく湧き出てくる愛から
目をそ背けているだけなんです。

今手にしている愛を まず、
誰かに与えてみてください。

不思議に、 愛は必ずあなたへ返ってきます。

欲しがる前に、 手にある愛に目を向けてみてください。

そうすればきっと

心は温かく満ちたりてきます。

<お知らせ>—————————————————————
「嫌われたくない症候群」のための体験セミナー”トラウマが消える2時間”
8月27日(土)10:00~12:00
セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aKVPlp
8月27日(土)13:30~15:30

セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aWRQWa

投稿日: 作成者: kanazawa | コメントする

否定的なものを肯定的に変えるには!

こんにちわ、
多次元心理セラピストの金澤です。

本日のテーマは
「否定的なものを肯定的に変えるには」です。

良い意志、
良い行為には
良い果実が、

悪い意志、
悪い行動は
悪い果実を結びます。

否定的な意志は、
それだけで
悪い果実へと
成っていきます。

ただし残念ながら、
人は始終ネガティブなことばかりを
考えている生き物なんですね。

自分の考えたことを、
一日振り返ってみれば
わかるでしょう。

「今日は天気が悪くて外に出るのがおっくうだ」
「胃が重くて朝ごはんがまずい」
「電車に間に合うか心配だ」
「上司の顔見るのが嫌だ」と・・・

ほぼ90%は、
否定的なこと。

否定的になると、
カルマのエネルギーに
翻弄されますから

何に対しても
無心で行動するように
したいものです。

嫌ったり、
好きになりすぎたり、

不平を言ったり
褒めすぎたりせずに、

大きな気持ちで
状況を見つめて
行動することが
大切ですね。

さらに大切なのは、
良い行いをすることです。

プラスのエネルギーを
増やします。

良い行いとは、

すべての人が喜ぶ、
親切な気持ちや
思いやりのこもった
行いです。

逆に言えば、
自分にとって良くなくて、
他の人にとっても
良くない行いを
避けるようにします。

自分が無理をして
人に良いことをする
と言うことは
一見良い行いのようですが、
自分が無理をしたり
我慢をしたりすることは、
自分にとってよくありません。

そのような行いは、
「我慢したのに」と恨んでしまう
否定的なエネルギーが出てきて、
逆に良くない行い、
良くないカルマへと
続いてしまうことに
なります。

無理なく、
自分も周りも
喜ぶことを
するようにしましょうね!

ただ見返りを求めない
良い行為ですよ。 

とらわれない
良い行為ですよ。

最高に良い行為は、
気づきを持った行為です。

良い行いをはじめると、
良い意志を持って
良い行いをしようとする
癖がつきます。

そして、
良い行いは、
次の行いに影響し、
良い行いの印象が
できてきます。

良い体験が増えると、
物事を肯定的に
とらえやすくなります。

常に肯定的に
考えられるようになるので
肯定的な考え方が、
良いカルマを
生み出していきます。

善のエネルギーは
ネガティブなエネルギーを
消していきます。

良いエネルギーを
蓄えていくことで、
本来ならば
ネガティブな結果の出るカルマが
なものに変わっていきます。

わたしたちは、
上手に心を
使っていかなくてはなりません。

どう心を使うのが良いでしょうか。

広い意味での愛を持つこと、
捧げる心と信頼の心を持つことです。

同時に、
悪い心の使い方を
避けるようにしましょう。

心配したり疑ったり、
憎んだり嫉妬したりという

ネガティブな心の動きに
身を委ねることは、
自分も他人も
消耗する心の悪い使い方です。

心はネガティブな方向に
向かうのが得意なので、
その手に乗らないように
しないといけませんね。

否定的な心のパワーは、
本当に強いものです。

ネガティブな心のパワーは
強く膨らみやすく、
すぐに、
ネガティブな
カルマのスイッチを
入れてしまいます。

怒りの気持ちは
容易に爆発します。

だいたいの場合、
周囲に影響を及ぼしている相手も
スイッチが入っていますから、
さらにお互いに
怒りの暴走が
止まらなくなります。

ネガティブな
心の暴走に気づいたら、
すぐにストップすることです。

まず、
自分の怒りや不安に
気づいていきましょう。

「いま自分は怒っている」と
見つめてください。

そして、
その怒りの行方を
ただ見守ります。

深い呼吸をします。

さらに「これは心の癖だ」と
気づきましょう。

そうして、
怒りの気持ちを手放し、
無心に戻ります。

気持ちを切り替え、
良い方向に
心を使うようにしましょう。

不安でイライラしたり、
憎しみでどす黒くなった心を、
愛の気持ちに切り替えていきます。

愛を育て、
執着をなくすことで
カルマを浄化し、
自然と安らぎ、
愛と知恵に満ちて
生きることが
可能になってきます。

 

今回の記事について
「ご意見」「感想」は
大歓迎です!

■簡単メルマガ感想フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/58481985190414

<お知らせ>—————————————————————
「嫌われたくない症候群」のための体験セミナー”トラウマが消える2時間”
8月27日(土)10:00~12:00
セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aKVPlp
8月27日(土)13:30~15:30
セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aWRQWa

カテゴリー: ●カルマのこと | タグ: | 1件のコメント

鏡の法則

本日は、こんなテーマでお話してみたいと思います。
「すべての他人は、あなた自身を映す鏡」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私たちが人に接することで、
気づくきっかけをもらえるのは、
「感情」のパターンだけではないんですね!

私たちの自分の中にある、
凝り固まった考え方であったり、
思い込みであったり、
定型化された価値観といったものにも
気づかせてくれています。

あり人に対して、
「この人は意地悪な人ね」と思っているとしたら、
その人の本質が意地悪な性分というわけではなく、
単にあなたがその人を
「この人は意地悪な人間だ」という目で
見ているにすぎないのかもしれません。

こんな時どうしたらよいでしょう。

ある朝、Aさんあが会社に行ったら、
普段は掃除をしない、
人任せにしている同僚Bさんが、
率先して掃除をしているのを目撃しました。

「あら、珍しい」
そう思ったところ、
いつもはいない社長が
すぐ近くにいることに
気づいたそうです。

その瞬間、
Aさんの心に、
ある思いがよぎりました。

「普段は掃除なんてしないのに、
社長にいいところを見せたいから、
今日だけまじめに掃除をしている」

そう思った途端、
Aさんは、
なんだか無性にイライラして、
その日はずっと不愉快な思いを
抱えたまま一日を過ごしました。

この状況を
よ~く考えてみましょう。

「掃除をする」という
行為自体は中立ですよね。

むしろ皆が心地よく
仕事ができるようになる
よい行いです。

近くにたまたま社長がいた だけで
Bさんはもちろん
善意から掃除をしていたのかもしれません。

あるいは、
ともっくその日はやりたい気分だったから
掃除をしたのかもしれません。

ですがAさんは
「掃除をしているBさん」と
「社長」の存在を結びつけ、
「いいところを見せようとする」と
無意識のうちにBさんをジャッジしていた
ということになります。

Aさんには、
Bさんに関するある種の悪い印象が
植えつけられていたのかもしれません。

もしくは、
そのほかの要因があったのかもしれません。

「自分がよく見られたい」という
Bさんのエゴを敏感に感じ取って、
反発を覚えたのかもしれません。

あるいはAさん自身にも、
「上司によく思われたい」というエゴがあり
「Bさんに先を越された」と
イライラしてしまった可能性もあるでしょう。

何が引き金だったかは、
Aさんしかわかりません。

どれか一つということではなく、
すべてが複雑に絡み合っている
可能性もあるでしょう。

このように、
私たちが思ったり、
考えたりしていることは、
必ずしも「事実」と
一致するわけではない

ということを知っておきましょう。

単に自分の
過去の体験に対する印象や
価値観で
世界(相手)を見ている

ということ

そのことに気づかず、
人は無意識のうちに
「こうあるべきだ」
とい思い込み
   ^^^^^^
いくつもしているのが
現実です。

「こうあるべきだ」に
そぐわない人やものを
「あの人はダメだ」
「こういう行動は正しくない」と
一方的にジャッジし、
非難しているようです。

一度、湧き上がった思いは、
「あれはダメ」
「これはいや」
「こうすべき」
「あの人とは合わない」
といくつもの
思い込みを振りかざし
「NO」という
エゴを突き付けていれば、
当然、人間関係はうまくいくはずはありませんよね。

いつの間にか、
自分の周りは敵ばかり、
愛がないマインドの思いに
翻弄されて、
思い通りにいかないことばかりに
なってしまっていませんか?

自分がどんな思い込みを
持っているか
については
自分自身ではなかなか
気づけないものです。

それを浮かび上がらせてくれるのが
「他人」という「鏡」です。
^^^^^^^^^^^^^^^^

他人に対して思ったり、
考えたりしたことは、
そのまま、
あなたが相手を、
ひいてはこの世界を
どのように見ているかが現れている

と分かってくるんですね。

「私は、〇〇さんをこういう人間だと思っている」
「私は、こういう人間だ」
「私は、こういうふうに見られたい」
「女性/男性はこうあるべきだ」
「母親としてこうあるべきあ」
「会社は自分にこうしてくれるべきだ」

他人を通して見た時、
初めて
「ああ、 自分はこういう考え方を持っているのか」
「こんなふうに考えやすい傾向があるのか」

ということが、次々と見えてきます。

まったく思いもよらない自分の一面に驚いたり、
落ち込んだりするかもしれません。

こうしたマインドの産物である
「思い込み」が
おびただしくあり、
それをひとりで外すことは
容易なことではありません。

マグマのような内側の
自己防衛の思いは、
限りがありません。

芋づる式に引き出される
「思い」とその心の言い訳や攻撃は、
聞くに堪えないものです。

だからこそ、
自分の中の「思い込み」を
外すために

様々な心理療法やヒーリングスタイルがあります。

しかし、この自分の中の「思い込み」を
外していく取り組みは、

言ってみれば、
パンドラの箱を開けるようなもの

ほとんどが、
自分の「心」に翻弄されてしまいます。

触らぬ神に祟りなし
といった感じ!

なので、
自分自身に対するそうとうな「覚悟」、「意志」が必要です。

しかし、心配はいりません。

セラピストのガイドをしっかり受けながら
進めていけがよいのです。

<お知らせ>—————————————————————
「嫌われたくない症候群」のための体験セミナー”トラウマが消える2時間”
8月27日(土)10:00~12:00
セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aKVPlp
8月27日(土)13:30~15:30
セミナー予約はコチラから→http://bit.ly/2aWRQWa

カテゴリー: ●防衛反応 | コメントする

変わりたいのに変われない理由

不幸になりたくないと言いながら無意識のうちに

不幸になる選択ばかりしてしまうのはなぜでしょうか?

変わりたいのに変われない理由→変わりたくないから変わらない

「それは違うよ!自分は変わりたいんだ!決めつけないで!」

このように言いたい方もいると思います。

気持ちはよくわかりますよ、

それは「自分が気づかないでいるだけ」です。

頭では変わりたいと思っているけど、

無意識は変わりたくないと思っているから変わらない。

ただそれだけのことです。

気づいてしまうとシンプルなのですが、気づくまでが難しいのです。

意識で変わりたいと思えば変わってしまうし、変わるしかないのです。

変わりたいのに変われない理由は、

自分が「無意識レベルで変わりたくない」と思っているからなんです。

変わりたいのに変われない・・・。

矛盾していますよね。

矛盾がある時は言語と非言語では非言語のほうが本音です。

つまり、変わりたいという言葉と、

実際に変わる行動を起こしていない矛盾は、

行動のほうが本音ですから、

変わる行動を起こさない、起こしたくないが本音なんです。

何故、無意識で変わりたくないの?

それは人ぞれぞれでさまざまな理由がありますが、

その理由を自分で忘れて気付かないようにしているだけです。

無意識というのは、

言い換えれば感情をたくさん保存できる箱です。

好ましい感情も好ましくない感情も保存できる箱。

しかも、一つも残すことなく自動保存されてしまいます。

良い事も悪い事も嘘をついて隠したことも

誰にもばれていない事も、

無意識にはすべて保存されます。

そういった自分でも覚えていない事がいっぱい保存されているのです。

その中に、自分が気づいていない「変わりたくない理由」があるから変われない・・・

それに気づくのは自分次第です。

そして勇気が必要な場合もあります。

人見知りを直したい!

ダイエットしてきれいになりたい!

仕事に集中できるようになりたい!

こんな自分は変えたい、変わりたい……でもなかなか変われない。

人はなぜ、変わりたいと思っても変われないのでしょう?

変わりたいと思っているだけで、

自然に変わることはないですね。

何かを意識的に変えなければ変わらない。

「考え」や「行動」を変えていく必要がありますね。

では考えや行動を変えるためには、

どうしたら良いでしょう?

「変わる」と「覚悟」を決めてみたらどうでしょう!

————————————————————————-

「嫌われたくない症候群」克服 メンタルセラピスト金澤修一

簡単なアンケートで『セルフヒーリング音声ファイル』 を無料プレゼントしています。

お客様の声
体験セミナー「トラウマが消える2時間」
お問い合わせはコチラ

埼玉県さいたま市中央区 上落合1-12-5-1403

 

カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) | コメントする