アダルトチルドレンとは

(AC)境界があるかどうかで体験の意味が違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親が子どもの境界を
尊重せず、
境界に侵入するとき、

子どもには、
一人の人間としての
価値がないという
メッセージを
与えていることになります。

親が子どもの境界を、
認めないということは

「あなたは親である私のニーズを満たすためにここにいる」
「あなたより親の私が優先だ」
「あなたが自分なりの感情や、ニーズを感じるのはよくないことだ」

と言うメッセージを
与えているのと同じことです。

すると、子どもの中で
こんな信念が形づくられます。

「人とは別のニーズや感情をいだいてしまう私はいけないんだ」
「ありのままの私には、価値がない。」

同じような場面を
体験しても、
子どもの中に、
しっかりした境界が
つくられていれば、
体験の意味がまったく
違ってきます。

誰が何に責任を負うのかが
区別できれば、
自分を傷つけるメッセージを
信じこむかわりに、
拒否することができるのです。

・境界があれば、
 自己否定感の攻撃を受けずにす見ます。

・境界がないと、
 見捨てられ体験は決定的な痛みを生む。

子どもはもともと、
親が間違っているとか、
親の行動は、
正しくないといったようには
考えないものです。 

子どもは、
自分にとって、
どうしても必要な存在である親を
拒否することはできないものです。

その代わり子どもは、
自分が間違っていて、
悪いんだという重荷を
背負い込んでしまいます。

そうすることで、
親の間違った行動を
なかったことにし、
少しでも安全を感じようとします。

その奥で
本当は何が起こっているかといえば、
外側の安全と引き換えに、
心を危険にさらしているのです。

自分の価値を、
育てて行くはずの時期に、
見捨てられ体験にさらされ、
しかも、
その子が、
自分の中に
境界を確立するチャンスがなければ、
見捨てられたことがすなわち
「自分に価値がない」と
言い聞かされることと
同じになります。

それは、自己否定感と、
怖れを作り出します。

この事実は何度も
確認しておく必要があります。

なぜなら、
それが私たちの「痛み」の根っこと
なっているからです。

私たちが今、
知っておかなければならないのは、
見捨てられ体験も
境界の侵害も、
決して私たちの欠点が
原因ではないし、

私たちが無価値だからでも
ないということです。

そうではなく、
私たちを傷つけた人の
間違った考え方や、
誤った信念、
不健康な行動が
そこに現れているのです。

それでも、その傷は、
子どもの心と思考に
深く刻まれて、
私たちは、
今も、
その痛みを感じています。

癒されるためには、
心が傷ついた原因を理解し、
受け入れることが必要です。

それをしない限り、
痛みは去らず、
おとなになってからの人生を
引きずりまわすものとなります。

Comments

comments

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。