アダルトチルドレンを克服する方法

シリーズ38:「言いてやりたい」この気持ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「言いてやりたい」です。

「理屈でわかるけど、言いたい気持ちはやはり残ってしまいます。」
それはどうしたらいい。

欲求は欲求としてあるのが自然。

でも、すべての欲求を叶える必要はありません。
叶うはずもありません。

人の心は器用なもので、
いくつもの欲求を同時に
持つことができます。

できればあれが欲しい、
これも欲しいという欲求は、
誰にでもあります。

ただ「欲求がいくつもある」という事実と、
「すべての欲求をかなえなければいけない」という
思い込みとは、違う。

だから、後ろの「思い込み」だけ
手放してあげることにしましょう。

「ノーを言いたい気持ちもある。それはあるのが自然」

「でも、私は言わないほうを選んでいる。

いろいろ考えて気遣って、言わないほうを選んであげている」

「言わない自分」を認めてあげましょう。

あなたお気遣いで助かっている人、
口には出さないけれど感謝している人は、
たくさんいるはずです。

矢印(下) おススメ記事一覧
チェック 多次元心理セラピー申込み

チェック セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~
チェック 「心」をストップする瞑想法「音声ファイル」
チェック アダルトチルドレンの生きづらさ
チェック 多次元心理セラピーって何? 
こちら多次元心理セラピー(「過去世療法」)個人セッション予約はコチラ

これからの励みに応援クリックお願いします。
      ↓↓↓↓↓      
  
 

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。