根本原因は

相手の心が分からないときどうしてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、笑顔を3倍増やすスピリチュアルカウンセラーの金澤です。

あなたは、夫婦、恋愛、職場、友達関係で
相手の心が分からないときどうしてますか?

そもそも

「分かろう」とする心がトラブルの始まり?

人間関係において
「あの人は何を考えているのだろう」と
よく思いませんか?

相手の心がわからない時、
あなたならどうしますか?

「あの人はきっとこう考えている」と妄想する。
周囲の人に「あの人は何を考えていると思う?」と相談する。
占い師に「あの人の気持ちを教えてください」と頼む。
新聞の人生相談コーナーに投書する。
マインドリーディングの本を読む。

様々なことを試すかもしれませんね。

実際、人の心はわからないもの。

だって

生まれた時間も、場所も、育た環境も違うんです。
立っている場所も、見えている景色も、
脳も体も、まるで違いますよね。

人は同じものを見、
同じ言葉を話しているように見えても、
それを受けとる心は全く別物ということ。

その分かりっこない他人の心を、
あれこれと妄想して分かろうとすること自体、
雑念だと思いませんか?

その結果、関係がうまくいけばよいですが、
こちらで一方的に考えを膨らませることで、
相手がいっそうわからなくなったり、
関係がこじれたりすることはないですか!

親子関係がこじれている家庭ほど、
親があれこれと子供の気持ちを
妄想しているものです。

分かろうとするあまり、
子供の気持ちをああだこうだと想像し、
結局「子供が何を考えているのか
まったくわからない」という悩みに
はまっているものです。

実際に関係がこじれているケースでは、
人の心を考えて理解しようとする
発想そのものが間違いである
ことを実感しますが


今、起こっている事実のみを表現すればいいんじゃない!

Comments

comments

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。