アダルトチルドレン 親の愛とは本来、無条件なもの

~アダルトチルドレン 親の愛とは本来、無条件なもの!~

 


多くの親たちは、
子どもを自分たちの都合でつくるものと思わざるえないような大人が多いような気がいたします。

「まちがって、できたゃった」
「子どもは産むものだから」
「家族をつくるのは当然だから」
「年をとってから、さみしいから」など、

自分たちを中心に考え、産んだほうがいいかどうかを本当に子どもを中心にしてじっくりと考えることは少ないようです。

こんなこといちいち考えて、思って子供を産んでいるでしょうか。


愛し合っているから当然
だとも思っています。


本当に「愛」でしょうか??

単なる「性欲」??結果、生まれてきた子どもは、大人の道具として扱われたり、親の心理的欲求を満たすためになってしまうことがままあります。

親の子どもへの愛情のように見えても、実は親が、自分を愛して欲しいから溺愛するということもある。

親の愛とは本来、報酬を期待しない、無条件なもの。

子どものためだ、と言って子どもにギュウギュウ圧力をかけるのは、本当の愛ではありません。

あなたに、子どもがいたり、これから子どもをこの世に生み出すチャンスがあるのなら、ぜひ真剣に考えて、真の愛を与えて、真の愛を与えられるようになってほしいものですね。

自分が十分に満たされていないと、無意識のうちに、子どもに期待してしまいます。

真の愛情を得られなかった人は、意識的に、自分で自分に愛を与えましょう。

また、本当に自分のことを思ってくれてい人たちとつきあうようにしましょう。

 

心理セラピー専門メンタルヒーリングルームのこころの悩み相談

読者登録してね 

 

 

メールマガジンに登録して「心」について学びましょう。
「イヤな気持ちを解消する」セルフヒーリングの無料音声ファイルを取得
2往復無料メール相談申込み
お問い合わせはコチラ
「心の傷を浄化する」メンタルヒーリングルーム公式のホームページ
facebook
心理セラピスト金澤のプライベートセッションの予約はコチラ

 


カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) タグ: パーマリンク

アダルトチルドレン 親の愛とは本来、無条件なもの への1件のフィードバック

  1. まる のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めてコメントさせていただきます。
    私自身、ACと思われ、うつ病とパーソナリティ障害の部分があります。
    とても勉強になります(^-^)
    これからゆっくりと記事を読ませていただきます!

コメントは停止中です。