インナーチャイルドの癒し

インナーチャイルドに気づいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは 
多次元心理心理セラピストの金澤です。

今回は、
インナーチャイルドが関係している
症状についてお話ししたいと思います。

あなたは 
いくつ当てはまりますか? 

●すぐ怒ってしまう。
「ずいぶん子どもじみているよね」って
 みんな言うよね。

⇒子どもが怒っているんです。
 たぶん、怒りんぼうの自分が
 いたかもしれません。

●いつもいらいらとしている
「いらいらして落ち着かない」

⇒子ども時代から、イライラとする自分が
 関係している可能性があります。

●自分では、こうしたいなと思っているのに
 ついうっかり心にもないことをしてしまう
 自分で自分をコントロールできない。

⇒誰がコントロールしているか。
 インナーチルドがコントロールしている
 可能性があります。

大人の自分が、
大人の姿をしているんだけれども、
内面にいる子ども時代の自分が
コントロールする。

大人らしく振舞いたいんだけれども、
なんでこんなことをしてしまうんだろう。

●私はいつも我慢している。

⇒子ども時代に、
 「お兄ちゃんだからガマンしなさい」
 「お姉ちゃんだからガマンしなさい」って
 お母さんに言われた経験が
 あったかもしれません。

学校の先生にガマンしなさい。
女だからガマンしなさい。と
言われた経験があったかもしれません。

その時の、
子どもの心が影響している
可能性もあります。

●私なんか、どうせ・・・って
 すぐ思ってしまう。 
 「なんでいつもそうやって」
 ネガティブに考えてしまうんだろう。

⇒子ども時代に「どうせあんたなんか~
 だから」というのがお母さんの口癖
 だったかもしれません。
 それが現在の自分に影響を与えて、
 今「どうせ」ってことを言って
 しまっている可能性もあります。

●幼年期にすごくいやなことがあたので、
 それが頭から離れない。
 くっきり、はっきり、あの場面が浮かぶ。

⇒まさにこれがトラウマです。
 心の傷、インナーチャイルドです。

その子が、自分に「注目して」という
はっきりとした合図です。

その子に取り組んで、
その子を受容いていけば、
もうそのシーンをよぎることは
なくなります。

もっと楽しいシーンが
よぎるようになります。

●なにか、子ども時代にあった感じがする
 が、それが思い出せない。
「よくそんなこと覚えてるよね~」
「私、真っ白でなあ~にも覚えていない」
 って言う人がいますよね。

⇒記憶に真っ白はなく、真っ白にするしか
 なかった理由があった可能性があります。
 このことに注目していくことが必要です。

●みんなはこう考えるのに、なぜか
 私はいつもこんなふうに考えてしまう。
 みんなと違うという感覚。

⇒子ども時代に何かみんなとずれている、
 みんなと違うと思う機会があった。
 そんな感覚がリンクするということが
 あります。

●私は、兄弟が多くてこんなふうに
 扱われてきたから私はこうなったんだ
 って思っている。

⇒兄弟がたくさんいることによって、
 受けた影響、子どもの生まれ育った時代の
 影響が絡んでいます。

●親に愛されていないという
 感じがしてならない。

⇒子ども時代に「あっ私は嫌われている」と
 決めつけてしまった瞬間があった可能性が
 あります。
「自分は好かれていない」
「自分は嫌われている」

 と思い込んだ瞬間を、
 どんなに周りから言われても
 受け付けられなくなります。
 その部分のエネルギーを解放してあげる   と、それを受け入れられるようになる
 かもしれません。

●子どもの子育てがうまくいかない。
 子どもと向きあっているんだけれど、
 どうも自分と同じような年齢の子ども時代
 のイヤだった思い出にリンクしてしまっ 
 て、いらだち、自分の子ども時代と重ねて
 ものを見てしまう傾向にある。

⇒癒されていないかつての自分が
 「私を見て、私の面倒を見て」と訴える。
 というケースがある。
 それと重なって子育てがうまく
 進まないということがよくあります。

●人を愛せない。
 何歳過ぎても結婚できない。

⇒結婚しないと決めて結婚しないの、
 は別にして、結婚したいのに
 結婚できない部分に注目した結果、
 やっぱり自分は、
 愛は受け取らないと決めた時点が
 あったりすることがあります。

●自分はダメな人間だと思っている。
「私はドどうせダメなの」
「おまえだからダメなんだ」

⇒子ども時代に言われたことのある可能性が
 あります。
 あるいは、学校の先生から
 「おまえらはダメなやつだ」と言った言葉を
 吸収した子どもがいた可能性があります。
 かつて、どこかで言われているだろうと
 思います。

●私は暴力のない家庭にしたいと思うのに、
 ついつい親からされていたことと同じことを 子どもにしてしまう。

⇒かつても自分が自分を見て「振り向いて」
 と訴えている可能性があります。

このように、自分の中での不都合な感覚、
悩んでいること、ネガティブな感覚は
インナーチャイルドと関連している可能性が
あります。

自分の中の、傷ついたまま成長をストップ
してしまったかつての幼い自分
(インナーチャイルド)に注目して
ヒーリングしていくことで
本来の自分らしくいきていた時の
エネルギーを取り戻すことが可能になります。

多次元心理セラピーの中でも、
インナーチャイルドを扱います。

他のインナーチャイルドヒーリングと
違うのは、チャイルドの過去世を体験する
場合もあります。

根本的な原因が過去世からのものである場合
は、多次元的に探究していく必要があります。

これは、ヒプノセラピーや一般的な前世療法では行っていない手法になります。

多次元心理セラピーの創始者であるハンス・テンダム氏の独特の手法になります。

この機会に是非、メンタルヒーリングルームの多次元心理セラピーを体験してみてください。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。