瞑想法について

「本当のあなた」に出会う唯一の方法とは?

なぜ「瞑想」が必要なのか考えてみましょう。

 

あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

日中は目の前に起きている出来事に意識を向けていますよね。

 

しかし、家に帰ってふと一人になった時、
お風呂で湯船につかっている時、
布団に入って眠る前・・・

 

心を休めた瞬間に、さまざまな想念が浮かんでくることはないですか?

 

「あの時、なぜあんなことを言ってしまったのだろう」
「もっとこうすればよかった」

 

その時、起きた出来事、

何年も前の出来事、

未来の出来事・・・・・

 

 

時系列を問わずさまざまな記憶が浮上してきます。

 

不安や焦り

後悔

喜びなどの

感情を伴うこともあるでしょう。

 

ときに体験が強烈であると、
湧き上がってきた感情を何度も繰り返し、
ネガティブな思いを増幅させてしまうこともあるでしょう。

 

また、ひとつの記憶に捕まって
抜け出せないでいることもあるでしょう。

 

自分の中に、
「見たくないもの」
「直視したくないもの」がある人は、

こうした状況を巧妙に避けようとしている場合もあります。

 

夜寝る間に、お酒を飲んでバタンと寝てしまったりするのは、
自分の心と向き合うことを恐れている可能性があります。

 

「心」は常にせわしなく働き、
何か過去のことを考えたり、
未来をプランニングして活発に働いています。

 

さまざまな回路は、
自動的に心の働きにほんろうされて
リラックスできていません。

 

このまま、「解放する」時間を
もたないままでいると、

浄化しきれない想念や記憶が、
心と体にこびりつき、思わね病やトラブルを
引き起こす原因になっていきます。

 

そうしたものを上手に取扱い、
もっと積極的に浄化することが必要なんです。

 

そんな中でも、
もっとも効果があるのが

 

「瞑想」なんです。

 

 

しかし、瞑想というと、
目を閉じてじっとしていることや、
心身のリラックス法といった
イメージがあるかもしれません。

 

でも、それは瞑想の本質ではないんです。

 

本来「瞑想」は、
本当のあなたに出会っていくための
浄化と高度な気づきのための、
いわば修行みないなものなのです。

 

心に浮かび上がってきた思いを見つめ、
「手放して」いく時、心が浄化されていきます。

 

そこで、「気づき」という
本来の自分に出会う
ヒントが
浮かんでくるかもしれません。

 
 
今回の記事はいかがでしたでしょうか。
 
よかったら下記にご感想などコメントいただけたら嬉しいです。
 
 
※本来の自分に出会うヒントがほしい方は、下記「ヒーリング体験セッション」でお話しています。
  ↓  ↓  ↓

瞑想で呼吸が重要なワケ

呼吸に意識を向けることで、「今、ここ」と繋がることができる。

呼吸は、

「今、ここ」にある「身体感覚」!

呼吸に集中することで、

「頭」であれこれ考えた状態から

「身体」を感じる状態へと切り替えることが可能となります。

呼吸を意識することで、

「心」と「身体」がひとつになる!

「嫌われたくない症候群」で、四六時中、

頭でいろいろ考えちゃっている方にはうってつけの方法ですよ!

—<アンケートにご協力ください>————————————–
新しくアダルトチルドレンを克服できるヒーリングセミナーを開発中です。
もう少しで出来上がりそうです。
「自分でインナーチャイルドを癒し、育てる方法が学べる」というコンセプトのセミナーをリリースするので是非、興味のある方はこのアンケートに登録してください。
あなたの意見を反映して、あなたにセミナーのご案内をスペシャルな価格でさせていただきます。
これができた暁には、ご案内させていただきますがよろしいでしょうか。
ご登録はコチラ→https://ssl.form-mailer.jp/fms/98dce7c5354540
※アンケートにお答え頂いたかたには、セルフヒーリング音声ファイルを無料プレゼントいています!

AC なぜ「瞑想」がひつようなのか?

~ AC なぜ「瞑想」がひつようなのか? 心を浄化する、たった一つの方法Ⅱ ~

こんにちは、今日は7月14日のテーマ
「心を浄化するたった一つの方法」の続編です。
http://ameblo.jp/mental-9028/entry-11894229475.html

なぜ「瞑想」が必要なのか考えてみましょう。

あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

日中は目の前に起きている出来事に意識を向けていますよね。

しかし、家に帰ってふと一人になった時、
お風呂で湯船につかっている時、
布団に入って眠る前・・・

心を休めた瞬間に、さまざまな想念が浮かんでくることがあるはずです。

「あの時、なぜあんなことを言ってしまったのだろう」
「もっとこうすればよかった」

その時起きた出来事、
何年も前の出来事、
未来の出来事・・・・・

時系列を問わずさまざまな記憶が浮上してきます。

不安や焦り
後悔
喜びなどの感情を伴うこともあるでしょう。

ときに体験が強烈であると、
湧き上がってきた感情を何度も繰り返し、
ネガティブな思いを増幅させてしまうこともあるでしょう。
また、ひとつの記憶に捕まって抜け出せないでいることもあるでしょう。

また、自分の中に、
「見たくないも」「直視したくないもの」がある人は、
こうした状況を巧妙に避けようとしている場合もあるんです。

夜寝る間にお酒を飲んでバタンと寝てしまったりするのは、
自分の心と向き合うことを恐れている可能性があります。

「心」は常にせわしなく働き、
何か過去のことを考えたり、
未来をプランニングして活発に働いています。

さまざまな回路は、
自動的に心の働きに翻弄されてリラックスできていません。

このまま、「解放する」時間をもたないままでいると、
浄化しきれない想念や記憶が、
心と体にこびりつき、思わね病やトラブルを引き起こす原因になっていきます。

そうしたものを上手に取扱い、
もっと積極的に浄化することが必要なんです。

そんな中でも、もっとも効果があるのが「瞑想」です。

しかし、瞑想というと、目を閉じてじっとしていることや、心身のリラックス法といったイメージがあるかもしれません。

でも、それは瞑想の本質ではないんです。

「瞑想」は、本来は本当のあなたに出会っていくための浄化と高度な気づきのための、いわば修行なのです。

心に浮かび上がってきた思いを見つめ、
「手放して」いく時、心が浄化されていきます。

そこで、「気づき」という本来の自分に出会うヒントが浮かんでくるかもしれません。

————————————–
アダルトチルドレンの生きづらさを
100%解放する「癒しのワーク」
専門家では、あなたの「変わりたい」
を100%サポートします。
————————————–

瞑想法で「悩み」を繰返さない

 青空の瞑想法 

雲ひとつない青空を心に思い描いて
心の中のゴタゴタを一掃しましょう。

まずは呼吸から。

目を閉じて、
フツフツフツとお腹を
へこませるようにして
息を短く30回吐き出します。
(途中の息つぎ可)

その後、一度、息を吸い込み、
フ-ツと長く吐き出し、
5回ほどゆっくりとした
呼吸をします。

次はイメージ
頭の中に
青空を思い描いてください。

空にどす黒い雲が浮かんでいます。

それはあなたの
煩悩の象徴です。

その雲が、
次第に青空にすーっと
溶け込んで消えていきます。

やがて青い空だけが広がります。

 呼吸に意識を向けるだけの瞑想

瞑想っていろんなやりかたがありますね~

ほとんどは、
目を瞑りますよね
音楽を流しながら、
よいイメージを思い描きながら
・・・とか

でも、
いろいろな雑念というか、
考えというか、
会社のこと、
仕事のこと、
家族のこと、
恋人のこととか、
ふとかってに思いが、
考えが出てきます。

自動思考ってやつ、
いやエゴあるいは
欲ってやつが
心を支配していることが
よくわかります。

私たちは、
普段、このエゴや欲に
心を支配された心を
本当の自分の心と思って
生活しています。

なので、
いろんな不都合が
必然的に起きてきます。

エゴや欲に
振り回されないこころに
なることが自由になれる
唯一の方法です。

そのためには、
ただ単純に
呼吸に意識を向けるだけの
瞑想が効果的です。

吐いたり、
吸ったりするさまに
意識を向けるだけです。
(吐くを少し長めに意識する)

雑念が出てきます。
エゴが顔を出します。
いろいろ気になります。
でもOKです。

出てくるものは
すべて必要があって
でてきていると理解してください。

あなたの心のお掃除を
してくれているんだなぁと
思って、静かにまた
呼吸に意識を戻しましょう。

いろいろな思考がでてきても、
ただそれを
眺めるだけにしてください。
「あ~×××が気になっているな」
というように
ただ、そんなふうに
思っていてください。

そして、
すぐまた呼吸に
意識を戻してください。

呼吸に意識を向けるのが
続かなければ
「ひと~つ」の「つ」で吸って、
「ひと~」で吐いてください。

これを10までいって、
また1から毎日、朝15分、夜15分 
続けてみてください。

食事をした後は、
時間をおいてください。

普段怒りっぽい人、
イラつく人は
軽減されていくと思います。

人の評価を気にする人も、
効果があります。

毎日、
続けなければ効果はありません。

 

 

笑いの瞑想法

 
こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「笑いの瞑想法」です。

30秒間、、無理にでも笑ってみましょう。
 
  
№1 「ワーハッハ」と声を出し、お腹を抱えて思いっきり笑ってみましょう。
   家族で一緒にやるのもおススメです。

№2 とにかく笑いましょう。
   笑う、笑う、笑う
   無理してでも、それを30病間続けます。

№3 笑い終わったら、目を閉じて呼吸が落ち着くのを待ちましょう。
  次第に静かな呼吸に戻します。

№4 5分間ほどたったら、目を開けて終了。
  意識が変わって、明るくポジティブになっているはず。

矢印(下) おススメ記事一覧
チェック 多次元心理セラピー申込み

チェック セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~
チェック 「心」をストップする瞑想法「音声ファイル」
チェック アダルトチルドレンの生きづらさ
チェック 多次元心理セラピーって何? 
こちら多次元心理セラピー(「過去世療法」)個人セッション予約はコチラ

これからの励みに応援クリックお願いします。
      ↓↓↓↓↓