病気から学ぶ!

こんにちは

アダルトチルドレン癒しのワーク専門家

多次元心理セラピストの金澤です。

私、病気なんて何ひとつかかったことなんかな~い!

っていうひとはそう多くはないと思います。

長~く生きてると

どこかしら無理がたたって

免疫力が低下し、

その隙に、いろんなよくないエネルギーが

悪さを引き起こすものです。

たとへば、

うつ病やパニック障害などで

休職を余儀なくされている方は

非常に多いと思います。

精神科やメンタルクリニック、心療内科に

通っていてもなかなか関知しない

復職までこぎつけたと思ったら、再発・・・

ていうパターンが非常に増えていますね。

病院にかかっても、治療が長期化していて、

再発が繰り返されている現状を見た場合、

なぜ病院にかかっても治らないのでしょうか。

病院は薬だけの処方ですね。

まれにカウンセリングや認知療法などを

行っているところもあります。

薬は、症状の緩和だけですから、

病気そのものは治りません。

だから、再発という事態が起こるんですね。  

治ってない証拠です。

症状がなくなったから治った。

では、なぜまた同じ状況、環境になった場合に

同じ症状が繰り返されるのでしょうか。

症状がなくなったから、

治ったというふうに思っている方が

実に多いかということです。

鬱になった背景、原因、要因というものを

しっかり検証することが大事です。

それは、自分の思考の癖、行動の癖というものが、

ストレスを抱えたときに、結果的にどのように

症状に影響を及ぼしているのかということを

理解していくことが完治への近道です。

ただ、薬を飲んで寝てばかりいては100%良くはなりません。

良くなるためには、苦しみが伴います。

頑張りが必要です。

たとへば、ダイエットを決意する。

骨折でリハビリをするといった場合どうでしょう。

それなりに良くなるための頑張りが必要不可欠ですよね。

従来から、うつ病にいわれているように

「絶対無理しないで」「じっくり休養をとって」

を続けてきてどうでしょうか。  

完治しましたでしょうか。  

再発しなようになりましたでしょうか。

病気になったということは、

病気になる原因が必ずあったということです。

もっと言えば、病気になったのは必然的ということが言えます。

いままで、病気になるような種を蒔くことに一生懸命だったということです。

だからといって悲観する必要はまったくないのです。

むしろ、この病気がこれからの自分を変えるきっかけを教えるために今、出てきたと

思えるならば、この病気に感謝なのです。

メンタルヒーリングルーム☆多次元セラピーで私たちの本来の源へ

▼最新ニュース

メルマガ登録はこちら「みるみるストレスが消えていく」ノウハウを配信!
無料メール相談受付中(3往復)
「音声ファイル」みるみるイヤな気持ちが晴れていく!

「音声での誘導瞑想」心を浄化しパワフルパワーが手に入る

フェイスブック


▼おススメ記事一覧
多次元セラピーの体験レポート
セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~

怒り!寂しさ!思い通りにならない「心」をストップする★瞑想法


>>>個人セッション予約


カテゴリー: ●心の浄化法 パーマリンク

病気から学ぶ! への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >まゆ(旧ももちゃん)さん
    シェアしていただきありがとうございます。
    「治った」というのは、症状を引き起こした根本原因が解決してはじめて、同じ症状がでなくなるんですよね。
    これからもどうぞよろしくです!

  2. まゆ(旧ももちゃん) のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    言うとおりだと思います。
    私は、働きながら通院してますけど、ふと、あれ?私治ってるんじゃないかな?って思うけど、
    やっぱり、だめです。
    先生に治ったから薬いらない!って言ったこともあったけど「本当に治ってる人は治った!なんていわないよw今は症状が緩和されてるだけだからね、いつものお薬飲んで様子をみてね」といわれます。
    案の定どん底の再発多々」あります、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です