他人の目を気にしすぎないようにしましょう。

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつも「癒しのワーク専門家」へ訪問いただきありがとうございます。

   

他人の目を気にしすぎないようにしましょう。

もちろん、他人の迷惑になるようなことはしてはいけないし、
他人に対して思いやりをもつことは 必要ですが、

いつもいつも他人の意見を重視しるあまりに、
自分の意見を忘れてしまい、
自己を見失ってしまってはいけあせん。

小さいときから

「よその人に笑われるよ」
「他人が何と言うか」と、

つねに言われて育つと、

自分のことより他人の批判が気になって、
他人がどう思うかと心配し、
外面をよくすることばかりにとらわれて、
中は空っぽということになりがちです。

これが習慣になると、
「さて、自分はどう思うか」と問われたとき、
何も出てこないということになってしまいます。

他の人にどう思われるかという考えが出てきたら、
「自己指向!」という忠告の言葉を口に出して、
習慣を破りましょう。

そして、「自分の意見はどうなのか」を、
少し時間をかけて育てていきましょう。

自分の意見を重視できると、
最終的には他人の意見も、
その人の意見として尊重しながら
聞くことができるようになります。


これからの励みに
↓応援クリックお願いします
     ↓↓↓↓↓
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

これが習慣になると、
「さて、自分はどう思うか」と問われたとき、
何も出てこないということになってしまいます。

他の人にどう思われるかという考えが出てきたら、
「自己指向!」という忠告の言葉を口に出して、
習慣を破りましょう。そして、
「自分の意見はどうなのか」を、
少し時間をかけて育てていきましょう。

自分の意見を重視できると、
最終的には他人の意見も、
その人の意見として尊重しながら
聞くことができるようになります。

これからの励みに↓応援クリックお願いします
     ↓↓↓↓↓
 


カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です