根本原因は

いい人のつもり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつも、アダルトチルドレン癒しのワーク専門家へ訪問いただきありがとうございます。
今日は、「いい人のつもり」がテーマです。
他人のよくないところは、とてもよく見えるし、ついつい調子にのって指摘したくもなるものですね。
見えにくいのは、あなた自身の良くないところ。
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
自分は、「いい人」のつもりでも、実は、他人に善意の押し売りをしていたりするかもしれない。
誠実に謝罪しているつもりでも、実は許してもらえないとすぐ腹を立ててしまう偽善者だったりするかもしれない。
こういう「歪んだ自分の本性」こそが見えにく。
他人の問題点を指摘することで「ちゃんと指摘できる立派な自分には 問題がない」と錯覚するがゆえに、自分自身の問題点が隠されてしまう。
それはまるで、ギャンブルで サイコロを振って、自分に不利な目がでたらイカサマして隠してしまうギャンブラーのようなものです。
普段の自分の言動、立居振舞というものが
相手にどうのような影響をもたらしているかを 振り返ってみるトレーニングも必要かなと 思うのですが、
どうでしょうか!

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。