インナーチャイルドの癒し

子供の頃の記憶体験(アダルトチルドレン克服)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトチルドレン克服専門カウンセラー金澤です。

 

「何をしても満たされない」、
というような欠乏感を

 

常に感じていることはありませんか?

 

小さい頃を
ちょっと振り返ってみてください。

 

小さい頃の些細な出来事によって
とても傷つき、その傷ついた心を守ろうと

 

どんどん本来の自分から
外れた生き方をしていく、
ということはありませんか?

 

大人になってからもほとんどの人が、
傷ついた子供の頃の自分と
同居したまま、日常生活を送っています。

 

子供時代の記憶って、
はっきりと思い出せなくても、
自分の心の奥底にずっと
残っているものなんですよね。

 

多くの場合、
子供の頃の出来事によって
傷ついた、怖い思いをした孤独感を
感じたなどのマイナスな感情を
抑圧していることが多いと言われています。

 

このインナーチャイルド(傷ついた子供のエネルギー)の存在に気付き、
その心の傷を癒すことは、
決して容易なことではないし
すぐに解決するってことでは
けっしてないんです。

 

時間がかかるんです。

 

だけど、少しずつ自分の中の
傷ついた部分を認め、
受け入れることができることによって、
今現在の自分を、
癒すことに必ず繋がります。

 

少しずつ自分が変化していくのを
感じることができるはずです。

 

傷ついた自分を癒し、
まずは自分を愛することから
はじめてみる。

 

そうすることで、
あなたの人生はもっと
輝きをもったものになります。

 

幼い頃の事をちょっと
思い出してみてください。

 

そこにはどんな自分がいますか?

 

いつも笑顔で毎日楽しく
過ごしていた自分でしょうか?

 

それとも、寂しい思いをしていた
自分でしょうか?

 

誰かにいじめられて
泣いていた自分でしょうか?

 

心の中には、
いくつになっても傷ついたまま
癒されてない自分が同居しています。

 

それを「インナーチャイルド」と
呼んでいます。

 

そもそもインナーチャイルドの本質は
創造性、喜び、好奇心、親しみです。

 

私達は小さい頃、想像性にあふれ、
自分の気持ちを素直にそのまま
表現していました。

 

好奇心赴くまま
自分の好きなことをして
遊んでいました。

 

でも、大人になるにつれ
社会に適応するために、
またやりたいことより、
やらなければいけないことが増え
自分自身をのびのびと表現する時間が
減っていきました。

 

このありのままの自分の本質に気付き、
豊かな人生を送るためには、
日常にせかされ、

 

それらを表現する術を失っている
そんな自分に気付くことがまず第1歩です。

 

たまに立ち止まって
自分の本当に好きなこと、
心からわくわくすることを
やってみるのもいいかもしれないですね。

 

何をしたいのか、したらいいのか
わからなくなっている場合は、
是非、あなたの”思いを”信頼できる人に
まずは、聴いてもらいましょう。

 

ピンときた方は、体験セッションに
参加してください。

体験セッション

Comments

comments

【オンラインプログラム】ACを克服する3Step


心理カウンセリングや過去世療法、さらには瞑想法などのノウハウを学び、サラリーマン、OL、主婦など、今までに3800人以上のアダルトチルドレンの生きづらさに向き合ってきた「嫌われたくない心のカウンセラー」かなざわが実践しやすいように、わかりやすくお伝えしています。


幼少期の傷ついたもうひとりのあなたを癒し、ムダな思考や感情に振り回されることから解放されて家族や夫婦、職場やパートナーとの関係をどんどんラクにしていきませんか? 実践者472名がすでにその効果を実感したオンラインセミナーをお試しいただけます


お申込みはコチラから

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。