学び

私たちは、
何かを学び、
成長するために
生まれてきています。

なかでも学びが多いのが
人間関係です。

誰かに対して
「どうして!」と怒りを感じたり、
些細な言葉の行き違いで、
悲しい思いをしたり、
自分の気持ちをうまく表現できなくて
悔し涙を流したり、

もちろん誰かと気持ちが通じた時に、
この上ない喜びを感じることもあるでしょう。

人と出会い、
人と触れ合うことで
様々な感情を体験します。

「この地球上に一人きり」でいたらば、
自分の中にそんな感情があることを知らずに、
一生を過ごすことになります。

それは今世で様々なことが学べる機会があるのに
それを逃しているのと同じことになります。

では、様々な感情を体験することに
どんな意味があるのでしょう?

自分の中に
「その感情がある」
ということに気づかなければ、
それを浄化することはできないんです。

では、どうしたら感情を浄化したり、
手放すことができるでしょうか。

浄化のためには、
意識化する=気づく
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
というプロセスが必要です。

では、自分の感情に気づくとは
どういう体験でしょうか?

たとえば、
後輩が明らかに、
非効率な手順で仕事をしているのを
見かけたあなたは、
「こうしたほうがいいよ」と、アドバイスしました。

すると相手に
「いえ、いいんです。このやりかたの方が早いですから」
と言われました。

するとあなたは、
この後輩に対してどんなことを思うでしょう。

「せっかく人が親切に教えてあげたのにその口の聞き方は何?」
「私は先輩として敬われていないのだろうか」

怒りや憤り、不満、自分を正当化する言い訳まど・・・

様々な思いが噴出してくるかもしれません。
表面的には、平静を装っていたとしても、
心の中はざわざわと波立って落ち着かないかもしれません。

ですが、自分の内側を
「見つめる」というトレーニングをしていくと
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
こんなふうに思えるようになります。

「ああ、私はこの人に対して怒りを抱いている」

「相手には自分のやり方を通したい理由があったのかもしれない」

「”私のやり方が正しい””後輩のなら先輩を敬うべき”と思っていたけえれど、
他のやり方もあるかもしれない」

「私の中にも、”先輩らしいところをみせたい”という欲があったかもしれない」

こんなふうに、
自分の中にある様々な思い込みや感情に気づくようになります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

もちろん、こんんふうになれるためには
それなりの時間が必要です。

怒りなど強い感情の渦中にいる時には、
「私は今、怒っている」ことすら気づけないものです。

でも、気づきをしていくうちに
その日の夜、
もしくは何日か経った後に、
ふとこんな「そういえば・・・・」という気づきの瞬間が
生まれてくるようになるんです。

その時、怒りに襲われて
次から次へと怒りの連鎖で
悪い思いを引き出して、
「何よ生意気な」
「人に恥をかかせて」
「勝手なやり方で失敗すればいいんだ」
などの思いが浮かび
「自分の中にこんな感情があったなんて自分は最低だ」と
自分自身にぞっとしたり、唖然としたりするかもしれません。

しかし、たとえどんなネガティブな感情であっても
それを経験することには意味があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そうして他人に引き出してもらうことで
「これからも内面を見つめていかなければならないんだな」
と気づくことができます。

これが浄化の一歩になります。
^^^^^^^^^^^^^^^^

こうして気づかせてくれた相手に、
怒りどころか、
感謝の念すら湧いてくると本物です。

そんな風に思ってしまった未熟な自分をも認め、
許し、相手を受け入れることができるようになります。

このように、
「人とのふれあい」は、
あなたの見えない心に気づく機会です。

そして、浄化をいただき、
成長し、学ぶチャンスでもあるのです。


カテゴリー: ●セラピストのひとりごと タグ: パーマリンク

学び への2件のフィードバック

  1. トコトコ のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ拝見しましたあ!!これからも応援してます!僕はブログを通して自分の配信しているネタ動画を紹介しているので是非見てみてください^^読者登録していただけるとなお、嬉しいです!!

  2. たける のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    突然失礼致します。夜の業界のことなどを記事にしております”たける”と言います。よかったらアメンバーになっても大丈夫ですか?また訪問させて頂きますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です