アダルトチルドレン克服するエクササイズ

自分の気持ちや感情に気づいていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「言葉で表現する(ラべリング)」です。

あなたは、ご自分の気持ちや感情に気づいていますか?

と聞かれた今、何を感じますか、どんなふうに感じていますか、どこでそれを感じていますか?

どうでしょうか。

自分自身のことって、ちゃんと気づいてあげていますか?

自分自身を見失わないよう、人に振り回されないように生きて、

もっと、自分らしく、やりたいことを見つけ、友達もたくさんできて、

「この世に生まれてよかった」と感じられる人生にしていきましょうね。

そんなふうに生きていくために、まずは自分自身に気づくトレーニングをしていきましょう。

今回は、言葉でその気づいたこと、感じたことを表現するということをしていきます。

もし、考えようとしている心に気づいたら
「考えようとしている」と言葉にします。

もし、すでに考えてしまったら
「考えた」と言葉にします。
思い出している状態に気づいたら
「思い出している」
イメージが見えている状態なら
「イメージが見えている」と言葉にします。

胸がざわついていたら
「ざわついている」と言葉にします。

怒りの感情があると感じたら
「怒りがある」と言葉にします。

体の感覚についても、「感じている」「感覚」という言葉で気づきます。

暑いときには
「暑さを感じている」と客観的に表現します。

お腹が空いたと感じたら
「空腹を感じている」
疲れを感じたら
「疲れを感じている」と言葉で表現します。

一日の行動に徹底して気づく訓練をしてみましょう。

朝起きたときには「目が覚めた」、
起き上がる時には「起き上がります」
歩くときには「歩きます&歩いている」
食事をするときには「食べます&食べている、味わっている」
・・・・・・
できる限り言葉で気づきながら実践してみましょう。

自分の心と体に何が起きているのかに
明瞭に、はっきりと気づいてあげることが重要です。

実践していくことで
気持が落ち着き、忘れていた
大切な記憶や感情を思い出せることがあります。

また、物事がよく見えるようになります。

集中力や記憶力もあがります

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。