子供ってある意味自分の分身なんですね

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「子供ってある意味自分の分身なんですね」です。

街で、乗り物の中で、スーパーで、
いたるところで お母さんが 子供に 
周囲はそっちのけで 大きな声で

「何してんの~」 
「何やってんの~」 
「もう、やめなさい」
 「ダ~メ」 
「いいかんにしなさい」

まあ~ ありとあらゆる 
ダメダメ攻撃されている光景をみます。

ん~  仕方ないのでしょうか~  
まるで○○のよう・・

お母さんの身になってみたら
言うことをきかない、
自分の思うとおりにしない、
世間体、
すべて子供の将来のための教育、
しつけ・・・・・・なんです。

と思っている。

子供の身になってみたら
なんでこれをしちゃいけないのだろう、
やりたい、
したい、
さわりたい、
・・・したい

ただ ・・・・したいだけ

だめな理由なんてわからない
理解できません・・・・

どっちもどっちかな・・・って
気もしないでもありませんが

親の身になってみたら、
本当にしつけ 
子供のために言っていること
・・・かな?

「あんたなんか お母さんの子供じゃない」 って
いうのはどうでしょう???

子供を持つお母さんからの相談も、
さまざまな相談で来られるケースがあります。

お話を聞いていくと、
子供につい自分の感情をぶつけてしまって、
わかっているがどうしてもそうしてしまう。

そうしてしまう自分自身が
イヤでたまらないというケースが
けっこう多いんです。

自分の子供についつい
感情をぶつけてしまう。

子供ってある意味
自分の分身なんですね。

たとへば 
仮にお母さんの子供時代を
振り返ってみたときに

お母さん自身も、
祖母に同じようなことで同じような
言葉で言われていたっていうことがあります。

あるいは、
今の自分の子供のように
こんなことをしたら叱られ、
好きなことができなかった。

こんなことができなかったってことがあります。

昔々自分が、なし得ることができなかったことを
今、自分の子供がやってしまっているとしたら
あなたは、素直に「いいよ」って
させてあげることができるでしょうか。

「お母さんだって、
子供のころできなかったのに、
なによあんたができるのはしゃくだわ」

っていう感情のエネルギーが
無意識に付着してきていることがあります。

ある意味、お母さんの無念さ、不完全さ、絶望感、
・・・・が引き起こしている現象が
子供に自分の感情をぶつけるっていうことになっている
可能性があります。

なので、子供のことのように見えますが、
実はお母さん自身に問題の解決のキーが
隠されている場合があります。

こういったときに
お母さんが幼い時に、
なし得なかった場面や、
傷ついたこ場面を再体験して気づいて
いくことを心理セラピーで行っていきます。

そうすると、自分の子供に感情的に
ぶつけてしまうということを
引き起こさせていた理由が解決されているので、
これから感情的にぶつけるような行為が
消滅するということが起こっきます。 

それは、感情をぶつけるやり方ではない
違うやり方に行為が
変化するということになります。

そうすると、お母さんの対応がいままでと変わるので、
必然的に子供もいままでのような
お母さんを困らせるようなことは減少し、
より子供らしくふるまうことができるようになります。

矢印(下) おススメ記事一覧
チェック 多次元心理セラピー申込み

チェック セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~
チェック 「心」をストップする瞑想法「音声ファイル」
チェック アダルトチルドレンの生きづらさ
チェック 多次元心理セラピーって何? 
こちら多次元心理セラピー(「過去世療法」)個人セッション予約はコチラ

これからの励みに応援クリックお願いします。
      ↓↓↓↓↓      
  
 


カテゴリー: ●インナーチャイルドの癒し パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です