こころはより強い刺激を求めて暴走する

こんにちは! 多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
本日のテーマは、「 こころはより強い刺激を求めて暴走する 」です。

私たちが失敗する原因は すべて余計な考えごと、
とりわけネガティブな考えごと 「さあ頑張ろう」と決めたはずが、
心が勝手に 「でも失敗したら嫌だしメンドクサイからや~めた」と 考え てしまったり。

忘れたい出来事を心が勝手に 「ああ、今日は嫌な一日だった な」と 何度も考えてしまったり。

10分休憩するつもりが、 心が勝手に「このまま一時間さぼちゃおうかな」と考え始めたり。

いかに私たちが行う 思考というものが不自由で、 私たち自身の足を引っ張るもの であるかがわかることでしょう。

考えに邪魔されて、 思い通りに生きられなくなるのです。

心の内で勝手にピコピコと 動き続けて私たちを支配する 「思考」さえ ストップできるようになると、 自らの心を思った通りに 操縦しやすくなります。

問題は、心はひたすら 「より強い刺激を求めて暴走する」とい う特徴を持っています。

淡くて穏やかな幸福感よりも ネガティブな考えのほうがはるかに 強気刺激の電気ショックを 脳に与えてくれますから、 なかなかストップすることが できません。

心を使わない訓練が必要です。 それは「瞑想」です。


カテゴリー: ●心って何? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です