487081581649523
根本原因は

今も苦しめているもの!幼いころの家庭環境での境界のゆがみや、混乱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

幼いころの家庭環境では、境界のゆがみや、混乱が起こっていました。

それが、大人になった今も精神的なゆがみとして
生きづらくしている原因の一つになっています。

私達の育った家庭では、
多くの場合、境界のゆがみや混乱がおこっていて、
はっきりした境界が存在しませんでした。

それは、見捨てられ体験を引き起こすもとになっています。

 

▼親が子どもを仲間として扱う。

親が子どもと、まるで友人や仲間であるかのような関係をつくることがあります。

子どもを自分の同盟相手とみなすということは、
親子の境界が存在しないということです。

そして、子どもの年齢にふさわしくないことまで知らせてしまう。

不適切な情報を与えられた子どもは重荷に感じ、
罪悪感さえ味わうこともあります。

たとえば、十歳のこどもに「あなたのお父さんは浮気したのよ」と
話すことは、子どもの安全を損ないます。

八歳の子どもに、職場でのポストを失う不安について話すことは、
親は弱すぎて子どもの自分を守れないと思わせるだけです。

 

▼親が子どもに責任を負わせようとする。

親が自分の感情や行動に、
責任を待たず子どもにその責任を負わせようとすることは、
親子の境界がねじれた状態です。

結婚がダメになったのは

子どもが悪い子だったせいだと言ったり、
子どものせいでストレスがたまるから
鮭やドラッグが必要なんだと言うのは、
子どもの責任ではないことを子どもに負わせ、
不可能なことをやらせようとする。

子どもが実際に、持っている以上の力を持っているかのように言い聞かせ、
子どもを無謀な努力と、力不足に打ちのめされる体験へと駆り立てる。

 

▼親のニーズが子どもより優先となる。

親が自分のニーズを満たすために子どもを
利用するとき、子どもの境界への侵入が起こります。

子どもが親の自尊心を満たすための道具に過ぎず、
利用価値のある時だけしか存在を認めてもらえない。

 

▼親が子どもに自分と同じでいるよう求める。

親が子どもを、
自分とは別の独立した存在として
見ることができないということは、
子どもの境界を認めないということ。

親と同じものを好み、
同じような服装をし、
同じように感じろというわけです。

子どもがどんな形であれ
親と違った考え方や行動をとると、
あえて親に拒絶される危険を
おかすことになる。

 

▼親が子どもを自分の延長とみなす。

親が子どもに対して、
自分が果たせなかった夢を
かなえてほしいと望むことは、
子ども自身の境界を認めず、
子どもを自分の人生の延長と
みなすこと。

それが、
まったく
私達自身の選択ではないことが
如何に多いかです。

結果はともかく、
間違っているのは
決め方なのです。

一方、親の望みとは
逆のことをする人も
たくさんいます。

この場合もやはり、
結果ではなく決め方が問題。

自分の自由な選択ではなく、
親に対する怒りによって
決めているかもしれないからです。

——————————————————————————-
親御さん自身のココロの浄化への取り組みが必要です。
親御さん自ら取り組むことで、自然にお子さんも本来の子供らしさを取り戻していきます。

——————————————————————————-

 

Comments

comments

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。