「受け入れるということ」・アダルトチルドレン・共依存を克服

こんにちは、心理セラピストの金澤です。

今日のテーマは、「受け入れるということ」について、

アダルトチルドレンの生きづらさを克服するには、自分自身を受け入れるとよく言われます。

しかし、この「自分を受けれる」とか「受容する」というのが、
何をどうすることなのかよくわからない?

そんなクライアントさんは実に多いです。

自分が嫌いなのに、そんな自分を受け入れられるのか?

治ったたら、どうなるの?

治すには具体的にどうすればよいいの?

プライドが高い、
自分の行動に後悔ばかり、
よく忘れる、
都合の良いことだけ覚えている、
自分の行動がわからない時がある、
わけがわからない、
どうすればよいですか?

クライアントのほとんどがこのような生きづらさの中で必死でもがいています。

そんな方々の少しでも助けになることをお話できたらと日々思って書いています。

私のセッションを体験したクライアントさんから、
共通してこんなお話をよく聞きます。

人と話せない、話そうとすると緊張が増幅し身体中が熱くなる。
特に異性には話せないし声もかけられない、雑談もできない!
とにかく、人が廻りにいると異常に気になるし、緊張のスイッチが条件反射的に入ってします。

とにかく、こんな悩みのクライアントさんでしたが、

セッション後、特に以前と変わった様子もなく過ごしていたが、
体調がよい日と悪いがバラバラに安定しない日々が続いたといいます。

ある日は、本当に何もやる気が起きず、まったくその日は
仕事が手につかずじまいだったのが、

次の日になると、昨日のことがまるでウソのように
普通にいつもどおりに戻ってしまっている。

そうか思えば、ある日、行きつけのところの受付の女性のことが気になりはじめた。
しかし、突然フッと「そんな自分でもいいんじゃないの」という言葉が浮かんだといいます。

いままで、こんなふうに浮かんできたことなんかなかったのに・・・と

そのときは、そう思えたとたん、いつもは緊張のバロメータがドーンとあがるはずが、平気だった。そうです。

これは、考え方を変えたわけではないんですね。

そして、ネガティブな感情がでて体調を壊す日があったり、
そうかと思えば次の日はすっかり何事ないかのように
晴れ晴れとしてるな~んていうのも
何も変わっていないということではないんですね。

セラピーセッションで、今まで封印していたネガティブなエネルギーを浄化(ヒーリング)したことで、そのエネルギーが影響で引き起こされていた現象が少しずつ減ってきたということがいえるんですね。

自分で自分を嫌っていた部分のエネルギーがヒーリングされたことで、無意識的に「そんな自分でもいいんじゃない」という感覚に自然となっただけのことなんです。

これが、「受容する」「受け入れる」ということになるんですね。

体調の変化も、悪いものが出てきている状況というのは、
云わば、何年も自分で勝手に汚してきて、足の踏み場もないほどの状態にしてきた部屋を掃除している状態なんです。

これが、浄化されている最中なんです。

ネガティブな感情や思いが出たときは、
「あア~きれいにしてくれているんだな~」と自覚することがとても大切!

こういった現象もすべて、アダルトチルドレンの生きづらさを克服プロセスなんですね。

こういったことのほかに、心に浮かんでくる様々な思いや感情、気持ちや思考をよ~く観察して、それにとらわれないトレーニングも必要になってきますよね。

こういったことを続けていくと、

頭で変えよう、変えなければと思考しなくても

自然と「そんな自分でもいいんじゃない」という境地になっていくんですね。

そうすると、おのずといつのまにか自分らしい生き方になるよう、
すべてその方向になる選択ができている自分になっているんですね。

心


カテゴリー: ●セラピーで何が変わる タグ: パーマリンク