アダルトチルドレンを克服する方法

すべては「気づく」と溶けていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、アダルトチルドレンの生きづらさから脱却する
ための心理セラピーセッションを行っている
多次元心理セラピスト&心のスキルトレーナーの金澤です。

日々の生きづらさから脱却するために、
自分の内面を見つめていくトレーニングをしていくと、

自分の中に、
いかにたくさんの感情や思い込みがあるか、
ということに気づくようになります。

小さなイラつき、落込み、落胆、思い込み、おごり、
攻撃性、怒り、比較の心、ジェラシー、違和感・・・

人と接するたびに、
何かしらのマインドが顔を出してきます。

でもそれも、
人がいるからこそ、
「自分にこんな心があったんだな」と
気づことができます。

とはいえ、その出来事の渦中は、
マインドが強く感情の波に、
翻弄されているので、
なかなか気づけないでしょう。

ただ、なんだか「気分が悪い」という感じで、
引き金になった原因の正体はわからないでしょう。

でも、ふと一人になった時、
お茶を飲んでいる時、
道を歩いている時、
夜眠る前など、

静かな時間になり、
心が冷静になると、
「ああ、あの時の出来事はこういうことだったのかもしれない」
と思い至るようになるかもしれません。

「見える」ことは、
ある意味、つらいことでもあります。
もしも、本当のことが「見えて」しまったら、
自分が間違っていたことを認めなければならないから

ずっと「すべて相手のせい」「周囲が悪い」と
思い込んで、
自分の感情をなだめていたのに、
実はそれは自分で引き起こしていた、
ということに気づいてしまうかもしれないから。

そんな自分を認められず
「そんはずはない!」と
否定を繰返してしまったり
「やっぱり自分はどうしようもない人間だ」と
自分をジャッジし、
卑下したり落ち込んでしまうこともあるでしょう。

「見る」
「気づく」
という行為は、
初心者にとっては
なかなか難しいかもしれません。

なぜなら、
マインドが生み出す
「欲望」というエゴを満足させることは、
自分を守るための行為だからです。

その時はそうすることで、
バランスを取っているのです。

ですが、その欲望、
おびただしいマインドの思いとカルマは、
自己の内面を見ていくということをして、
浄化をしていかなければ、
永遠に続き、
同じ様な状況に悩まされることになります。

まず「気づく」ことから始めましょう。

人は、
自分のやっていることが
分からないし、
見てません。

そのため自分は悪くなく、
すべて原因は人にあると
思っていることが多いですよね。

その方が生きるのに
楽だから、
いわば「自己防衛」です。

「あの人が悪いから、自分はそのようにふるまったんだ」と

しかし、すべてはどちらかが
いい悪いではなく、
何かしら理由を探して、
エゴを満足させたいところもあるでしょう。

逆に自分を責めて、
落込み罪悪感に浸ることで
満足する人もいます。

自信満々の人は、
自分の過ちを決して認めないことで
頑なに自分を正当化しようとするでしょう。

ともかく、
あらゆる思いの心、マインドは
自己防衛に出るものです。

だから、「見つめます」
あるがままの自分を受け入れます。

自分を責める必要もありません。

「相手を許す」とか「自分を許す」というのも
エゴを満足させるものかもしれませんね。

ただ内面を「見る」
そのまま、あるがままを受け入れます。

こうつぶやいてください。

「これでいいんだ」

こんなふうに自分を見るといいでしょう。

「自分の心はいまだ未熟だな、
別に悟っているわけではないし、
神ではないのだから」

と受け止めます。

自分がすべてを理解していないとうこと、
完璧ではないこと
成長の中であること
だから失敗もすることがある。

というふうに受け入れます。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。