憧れの日本男児・高倉健

好きな俳優
憧れの男性像
日本男児
存在感だけで感動する。

そんな人が 高倉健さんでした。

yjimage

なぜか、小さい頃からとても憧れでもありすきな男優さんでした。

どんなところに惹かれるのか?

寡黙。
だまって仕事をする。
真がしっかりもっていてぶれない。
まっすぐな生き方
欲張らない
心底からのやさしさ、あたたかさのある感じ

これって、なんだか父親像に似ている感じ?

寡黙で、家族のためにだけとにかく一生懸命に働く姿

あこがれる、気になる、見てみたいというのは、
私の魂の人生の中に、健さんと似たような生き方があったのかもしれません?

なんて考えたりします。

一番すばらしいと思ったことがあります。

健さんは、

とても周囲の人、関わった人たちに気を配った人だったようです。
また、女性子供を守るとか、礼節を重んじるところや古き日本人の生き方を守っているところなど。

関わった人ひとりひとりに、健さん自ら「愛」をさだしだしている姿
けっして、見返りを求めてしていることではないところ
云わば、無償の「愛」を与え続けているところ
そんなところに、感動を覚え、そうなりたいと思うのでしょう。

セラピストをしていて、クライアントさんに願っていることがあります。

人は、相手に求めてばかりの生き方をしているのがほとんどだろうと思います。

これがほしい、あれがない、こうしてほしい、愛されたい、愛してほしい・・・
でも、心のそこから、自然に人に主体的に何かをしてあげるということができれば、おのずと自分にもしたことと同じことが返ってくるものだということを知ってほしいと思っています。

小さな親切、席をゆずる、お茶を入れてあげる、肩をもんであげる、感謝を伝える、プレゼントをする。お祝いする、ねぎらう、思ってあげる、感じてあげる、察してあげる・・・・など

相手にとっても、自分にとっても、良かれと持ったことは素直にしてあげたり、感じてあげたり、思ってあげたり、そんなことが自然と身についた人生がしたいですね。

見返りを求めず、ジャッジもせず

相手がそれをどう受け取るかは、相手の問題なのだから、

必要ではなった時は、素直に次回から気をつければよいこと、学べばよいことだから

そのことでなにも傷つくことはないと思います。

高倉 健さんのご冥福を心からお祈りいたします。

yjimage (1)


カテゴリー: ●日記 パーマリンク