プライバシーポリシー

守秘義務カウンセラー・セラピストには、カウンセリング、セラピーの中で知りえたクライアントのプライバシーを守るという義務があります。あなたの秘密は最大限に 守られ、あなたがカウンセリング、セラピーを利用していることやその内容、個人に関わる情報すべてを決して外部に漏らさないことを約束します。

何らかの事情で情報を第三者に伝える必要がある時は理由を説明し、本人の同意を頂いてから行います。ただし、以下の場合は守秘できないこともあります。

1. クライエント様本人(カウンセリング等を受ける方)又は第三者の生命が危険にさらされるおそれがあると判断した場合。
2. クライエント様本人又は第三者が虐待を受けている可能性が高く、直ちに対処しなけれ ばクライエント様本人または第三者の生命が危険にさらされるおそれがあると判 断した場合。
3. クライエント様本人が自殺をする意思を明らかにし、当社がその実行される可能性を非常に高いと判断した場合。
4. 法令等により開示が求められた場合。
プライバシーポリシーメンタル ヒーリングルーム”での全てのセッションの内容は、秘密厳守です。
お客様のプライバシーについて細心の注意を払っており、個人情報について以下のような取り扱いをしております。

________________________________________
  適切な取得
________________________________________

メンタル ヒーリングルームでは、お客様が各種サービスを利用されるに当たって、個人の情報をお伺いする場合があります。お伺いする情報としては、氏名、年齢、性別、職業、メールアドレス、電話番号、住所等の個人情報が主なものとなります。
これらの情報は、すべて下記の収集目的に従って、適法かつ公正な手段により収集されます。

________________________________________
  個人情報を収集・利用する目的
________________________________________

  1.お客様に適切なサービスの提供を行なうため。
  2.サービスの改善と向上、新規サービス開発のため。

________________________________________
  情報の第三者への開示について
________________________________________
 
メンタル ヒーリングルームでは、下記に該当する場合を除き、お客様の同意なく個人情報を第三者に開示することはありません。

 1.法令により情報の開示が求められる場合。
 2.人の生命、身体または財産の保護のために必要があると判断した場合。
 3.国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する場合や、公共の利益のために特に必要があると判断した場合。
 4.お客様、またはメンタル ヒーリングルームの権利の確保のために必要であると判断した場合。