アダルトチルドレンとは

親の愛情不足で育ち続けたた大人でも克服できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、心理セラピストの金澤です。

今日のテーマ「親の愛情不足で育ち続けたた大人でも克服できる!」です。

大丈夫、克服できます。


私のクライアントさんにもこんな方は非常に多いです。

父親(母親)は、グズで、勉強もできない、スポーツもドンクサイいし、面白味も可愛らしさもない、そんな私を好きではないとよく感じていた。


そんなダメダメな私でも、

子供心に父親(母親)に認めてほしくてがんばろうとしたが、

けっきょく、父親(母親)の顔色をうかがうようなことが身についてしまった。

そして、ますます、おどおどした性格になっって父親(母親)はそれを嫌った。


暴力はなかったが、言葉がきつく、拒絶や拒否の言葉や態度に幼い子供の心は傷つき、傷ついたエネルギーを溜め続けていった。

幼い子供は、そんな父親(母親)でも憎むことはできない。

傷ついたエネルギーを溜め続けたまま大人になった。

「甘えだし大人になりきれていない迷惑な人間だ」と自分自身を攻めまくる。

もう感情がもうついていかなくなる。

傷ついたエネルギーを溜め続けてきた結果として、パニック障害や心身症や恐怖症といった身体的な反応として現れてしまう。


そして、こういった症状を長く抱えていると、


「こんな私は厄介者だ」 「この世からいなくなったほうがいい」とさへ思ったりします。


でも、大丈夫、克服できます。

今の混乱しているあなたは、幼少期に傷ついたエネルギーをいまだに溜め続けていて、そのエネルギーに翻弄されているだけなんです。

そのことにまずは、気づいていくことからスタートです。


じゃ~あ、どうやって気づくの?  ですよね!


簡単ですよ~


あなたが一番信頼できる人に、あなたの傷つき体験をしっかり、じっくり聴いてもらうことです。


そして、「あ~私は、こんなこんなふうに感じて、こんなことを思っていたんだ」って、本当の自分に気づいていくんですね。


何度も、何度も聴いてもらって、


客観的に、そして冷静に自分の過去を、傷ついた記憶体験を見つめることができるまで


まるで、映画館でスクリーンに映っている自分の幼少期の記憶体験の映像を、観客席からみている自分を想像してみてください。


映画が終わった後、そんな感じか、何を思うか想像してみてくださいね!

スクリーン

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。