無理にわかってもらわなくてもいい!

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日はこんなテーマで、
「無理にわかってもらわなくてもいい!」です。

わたしたちは、無意識になにかにつけ、
相手にわかってもらおうと一生懸命なります。 よね?

でも、でも、でもね、
相手にわかってもらおうと、やっきにならなくてもいいんじゃない!

口げんかになったとき、
どうしてそうなったかを振り返ってみると・・・・

自分の考えが相手にわかってもらえていな~いってとき
どうやら、自分が誤解されていると感じたことが、きっかけになっているようなんだな!

こういうふうに言えば、相手は誤解しないだろう、
自分の考えを受け入れてくれるだろうと、やっきになります。

相手の考え方の間違いを指摘すれば、
相手はなるほどとわかってくれるだろうと、それを言い続けます。

結果は、相手を非難し責めることになり、ますますわかってもらえなくなるこの悪循環。(>_<)

相手がオープンな気持ちになって、あなたの話を受け入れようとしないかぎり、あなたはエネルギーと努力のムダづかいをすることになります。

自分の言いたいことを、全力投球で、適切に、思いやり深く、相手を責めないではっきり伝えたら、そこであなたの仕事は終わりです。

あとは、相手次第です。

相手がどんな反応を示しても、それはあなたの責任ではありません。

もし単なる誤解だったら、「私の言いたいことは、はっきりしなかったようだから、もう一度最初から説明させてください」と、もう一度相手にわかるように、やさしく繰り返すことによって解決するかもしれません。

もし解決しないのであれば、
それは、単なる誤解ではないので、

それ以上押し続けるのはやめときましょう。

何が何でも、相手にわかってもらわねばならない、と思うのはよしませんか。

———————————————————————–
●ご意見をお聞かせください。
読者にとって役に立つ記事にするために、是非あなたのご意見、ご感想をお聞かせください⇒
———————————————————————–

———————————————————————–
これからの励みに応援クリックお願いします。
     ↓↓↓↓↓   
  

 


カテゴリー: ●トラウマが溜まる時 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です