AC なぜ「瞑想」がひつようなのか?

~ AC なぜ「瞑想」がひつようなのか? 心を浄化する、たった一つの方法Ⅱ ~

こんにちは、今日は7月14日のテーマ
「心を浄化するたった一つの方法」の続編です。
http://ameblo.jp/mental-9028/entry-11894229475.html

なぜ「瞑想」が必要なのか考えてみましょう。

あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

日中は目の前に起きている出来事に意識を向けていますよね。

しかし、家に帰ってふと一人になった時、
お風呂で湯船につかっている時、
布団に入って眠る前・・・

心を休めた瞬間に、さまざまな想念が浮かんでくることがあるはずです。

「あの時、なぜあんなことを言ってしまったのだろう」
「もっとこうすればよかった」

その時起きた出来事、
何年も前の出来事、
未来の出来事・・・・・

時系列を問わずさまざまな記憶が浮上してきます。

不安や焦り
後悔
喜びなどの感情を伴うこともあるでしょう。

ときに体験が強烈であると、
湧き上がってきた感情を何度も繰り返し、
ネガティブな思いを増幅させてしまうこともあるでしょう。
また、ひとつの記憶に捕まって抜け出せないでいることもあるでしょう。

また、自分の中に、
「見たくないも」「直視したくないもの」がある人は、
こうした状況を巧妙に避けようとしている場合もあるんです。

夜寝る間にお酒を飲んでバタンと寝てしまったりするのは、
自分の心と向き合うことを恐れている可能性があります。

「心」は常にせわしなく働き、
何か過去のことを考えたり、
未来をプランニングして活発に働いています。

さまざまな回路は、
自動的に心の働きに翻弄されてリラックスできていません。

このまま、「解放する」時間をもたないままでいると、
浄化しきれない想念や記憶が、
心と体にこびりつき、思わね病やトラブルを引き起こす原因になっていきます。

そうしたものを上手に取扱い、
もっと積極的に浄化することが必要なんです。

そんな中でも、もっとも効果があるのが「瞑想」です。

しかし、瞑想というと、目を閉じてじっとしていることや、心身のリラックス法といったイメージがあるかもしれません。

でも、それは瞑想の本質ではないんです。

「瞑想」は、本来は本当のあなたに出会っていくための浄化と高度な気づきのための、いわば修行なのです。

心に浮かび上がってきた思いを見つめ、
「手放して」いく時、心が浄化されていきます。

そこで、「気づき」という本来の自分に出会うヒントが浮かんでくるかもしれません。

————————————–
アダルトチルドレンの生きづらさを
100%解放する「癒しのワーク」
専門家では、あなたの「変わりたい」
を100%サポートします。
————————————–

カテゴリー: ●瞑想法 タグ: パーマリンク