過去からの残骸

こんにちは 多次元心理セラピストの金澤です。

本日のテーマは、「過去からの残骸」について。

私たちが、 生きるプロセスで、 心が傷ついたり、 怒りを抑え込んでいたり、 悲しみに堪えたりと、 過去からずっと そうした感情をどこかに 押し込めていたりします。

また、 いろいろな欲望がかなわずに、 イライラや無念の思い、
あるいは好き嫌いの思い、
様々な学びや思い込みなどが 記憶やストレスとして抱えられ、
それらが湧き上がっては沈下して、 体や心のどこかに残骸として 残っています。

そして、 それらが社会において、 人間関係のなかで刺激され、 自己防衛としてエゴが、 葛藤した機会に 再び湧き上がってきます。

私たちの人生では このことが繰り返されています。

それはずっと心のなかで 幾度となく繰り返します。

この残骸、心のゴミを 浄化していかなければ 苦しみは続いていきます。

こういったときに、 過去世療法という 心理セラピーが 役に立ちます。


カテゴリー: ●トラウマが溜まる時 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です