起こるべくして起きている

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「起こるべくして起きている」です。


日常生活でなにげなく生活していますが
私たちはそんな中で、
いろんなことに気になったり、
気にしたりして
時には、こころを痛め、嘆き、悲しみ、苦しんだりしています。

「まあ いっか」と思える人
暴力をふるう人
人に八つ当たりする人
思ってもみないことを言ったりするひと

結局、いつも結果悪い方向になってしまう。

性格を変えろと言われても、
いまさら変わるわけがない。

考え方を変えろと言われても、
長続きはしない。

人とかかわらないと、
この世の中は生きていけない。

人間関係が苦手だから、
仕事にもつけない。

当然、お金もない。

どうすらりゃいいのさ~

っていう方は多いのではないでしょうか。

カウンセリングや心理療法、レイキヒーリングなど
なんとかしたいと思って申し込まれます。

自身でなんとかしたいとカウンセリングなどを探して
こられるかたはまだいいのですが
カウンセリングや心理療法ってなにか抵抗があるという
方は、占いに走る方がけっこう多いみたいですね。

私はよく言います
この世に、魔法でもかけて心の傷が一晩で治って
生まれ変わった自分になるというようなことは
ありえないことなんです。

だから、こころの問題は、
今起きたことではないということ

過去世から、今生からいままでの記憶体験が影響されて
今、嘆き悲しみ苦しいことになっているということ

なるべくしてなっている

起こるべきして起きている
ということを理解する必要があります。

矢印(下) おススメ記事一覧
チェック 多次元心理セラピー申込み

チェック セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~
チェック 「心」をストップする瞑想法「音声ファイル」
チェック アダルトチルドレンの生きづらさ
チェック 多次元心理セラピーって何? 
こちら多次元心理セラピー(「過去世療法」)個人セッション予約はコチラ

これからの励みに応援クリックお願いします。
      ↓↓↓↓↓      
  
 


カテゴリー: ●トラウマが溜まる時 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です