トレーニング方法

親の愛情について考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●親の愛情について考えてみましょう。

こんにちは メンタルヒーリングルーム 心理セラピストの金澤です。

多くの親たちは子どもを自分たちの都合でつくるものです。

「まちがって、できたゃった」

「子どもは産むものだから」

「家族をつくるのは当然だから」

「年をとってから、さみしいから」

など、自分たちを中心に考え、産んだほうがいいかどうかを本当に子どもを中心にしてじっくりと考えることは少ないのです。

このようにして生まれてきた子どもは、大人の道具として扱われたり、親の心理的欲求を満たすためになってしまうことがままあります。

親の子どもへの愛情のように見えても、実は親が自分を愛して欲しいから溺愛するということもある。

親の愛とは本来、報酬を期待しない、無条件なものです。

子どものためだと言って子どもにギュウギュウ圧力をかけるのは、本当の愛ではありません。
 
あなたに、子どもがいたり、これから子どもをこの世に生み出すチャンスがあるのなら、ぜひ真剣に考えて、真の愛を与えて、真の愛を与えられるようになりましょう。

自分が十分に満たされていないと、無意識のうちに、子どもに期待してしまいます。

真の愛情を得られなかった人は、意識的に、自分で自分に愛を与えましょう。

また、本当に自分のことを思ってくれている人たちとつきあうようにしましょう。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。