自分にウソをつくのはもうやめよう!

 
こんにちは、心のスキルトレーニングコーチの金澤です。
いつも「癒しのワーク専門家」にご訪問いただきありがとうございます。

今日のテーマは「自分にウソをつくのは止めよう」で。

       

自分や他人をだましたり、
ウソをつくのはやめましょう。

一般的な意味でのだましや、
ウソをつくことはないかもしれませんが、

つかなくてもよいようなときに
ウソをつくのが、
共依存症の人、
アダルト・チルドレンの人の特徴にひとつです。

夫や妻がお酒を飲んで酔っぱらい、
次の日、働きに行かなかったのを
かばうためにウソをついたのかもしれません。

親がお金を使ってしまい、
学校へ出すお金がなくなってついたウソかもしれません。

内心、悲しくて悲しくてしょうがないのに、
表面ではにっこりして
人をだましたのかもしれません。

イヤだと思っているのに、
相手の行動を止めなかったり、
「ノー」と言えなくて「イエス」と言ってしまうのは、
自分だましの一種です。

好きでもない人を好きかのようにふるまうのも、
わかっていないのにわかっているような顔をするのも、
ウソやだましです。

他人にはたいした害は与えないかもしれませんが、
自分には害になります。

外の自分と内なる自分に、
ますますギャップができてきます。

だから

自分にウソをつくのはやめましょう。


カテゴリー: ●アファメーション パーマリンク

自分にウソをつくのはもうやめよう! への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >まゆさん
    「イエスマン」
    人種の特性もあるかもしれませんね。
    欧米では、自己主張はあたりまえで、そうしなければ生きていけないようなところがありますよね。
    日本人は、昔から本音と建て前みたい風土がありますね。

  2. まゆ のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    そうですね。
    私も自分にウソをついて生きてきました。
    なぜか?それは、嫌われたくない、いい人で居たいと自分を守るためのウソです。
    だから、心がいっぱいいっぱいになってしまうんですね。
    そういえば、日本人は「イエスマン」が多いって聞いたことあります。それと同じ?なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です