笑い

こんにちは!
多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
本日のテーマは、「笑い」についてです。
笑顔は、
しばしば何かを
ごまかすために
よく用いられます。
うまくいかない時、
苦境に立たされている時に
自分をガードする側面が強い。
人が最も幸せな瞬間というのは
すっきりリラックスした表情になる
もしくは、穏やかな微笑です。
笑いというのは、
刺激が強い状態です。
特に大笑いしている時は
かなり興奮しています。
テレビのお笑い番組に
人気があるのは
世の中に強いストレスがあり、
笑いというより大きな刺激を
与えることで、
現実のストレスを
打ち消そう、
忘れようとする
潜在的な願望があるから
その笑いは、
たいてい三つの「毒」の
どれかから成り立っています。
1.他人の失敗を馬鹿にする優越感による笑い
2.ツッコミを入れる攻撃性=「怒り」への感情移入による笑い
3.不条理な言葉や振る舞いにより生じる混乱=「迷い」による 笑い ぼんやり画面を見ていると、欲・怒・迷の煩悩を刷り込まれてしまう性質を持っている。
笑いには、
「皆が笑っているから自分も笑わなければ、仲間外 れにされてしまう」
という恐怖感にもとづく、
同調圧力も含まれている。
心から楽しく穏やかな気持ちで
笑っているのであればよいのですが、
嘲笑いや苦笑いなそれは、
人を攻撃して、
怒りを笑いに変えている状態ですから 、
よく観察してみると、
その表情はひきつり、
笑い声は甲高く下品なものになっています。


カテゴリー: ●克服方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です