慈愛は、自然の中にあり、もともとの美しい心

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「慈愛は、自然の中にあり、もともとの美しい心」について。

 

慈しみとは

優しい心のことです。

それは誰の心にもあります。
あなたの心にもあるんです。

それは、
もともとの純粋な自然な心

自然界において、
水は植物を潤していきます。

太陽は全てを照らし、
命の働きを与えています。

そのように
自然をよく観察すると
自然に、すべて周りに与え続け、
見返りを期待しません。

それが、
もともと自然に備わっている性質なんです。

それは見返りを期待しない愛です。
その計り知れない無償の愛は
人間や、すべての生き物の中にも
もともと存在するものなんです。

植物は、
種を生み出します。

その種の中には
全てが与えられ
伝えられ
同じような木や植物になる力が
与えられています。

人間にあっては、
母親の心があります。

その愛は、
我が子への愛です。

それは計り知れない無償の愛です。

母親は、
子供を守るために、
自分を犠牲にし、
子を育てます。

自分の体から乳を飲ませ
暖をとらせ
様々な環境からその子を守ろうと
必死に努めます。

そうした計り知れない愛があります。

矢印(下) おススメ記事一覧
チェック 多次元心理セラピー申込み

チェック セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~
チェック 「心」をストップする瞑想法「音声ファイル」
チェック アダルトチルドレンの生きづらさ
チェック 多次元心理セラピーって何? 
こちら多次元心理セラピー(「過去世療法」)個人セッション予約はコチラ


カテゴリー: ●セラピストのひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です