恋愛が怖い理由

こんにちは、
多次元心理セラピストの金澤です。

いつも、ブログを読んでいただき
ありがとうございます。

本日のテーマは、
「恋愛が怖い理由」です。

現代の若い人達を見ていると、
自分たちが恋愛をしていると
思っていても、

自分と相手の愛し方を
常に量りではかって、

相手の方が
自分を好きでなければ
損だと思っているように
見えてしまう場合があります。

バランスのいい状態になるのは難しい。

恋愛といっても
相手の自分に対する愛し方と
自分の相手に対する愛し方は
同じとは限りません。

しかし、
最近の若い人たちは
常に相手の方が
自分の事を好きであってほしい
そんな、傾向が強いようです。

自分が相手を
好きであるよりも、
好きでいてほしいんです。

愛するよりも、
愛されたいという
心理が強い

その心理は、
失恋を恐れている
現れです。

人間の気持ちというのは、
はっきりと
目に見えるわけではないですよね。

かりに、
物や形のあるものを要求する。
だから、愛しているのならば、

「クリスマス・プレゼントに
ティファニーのペンダントが
欲しい」とか
「もっと雰囲気のあるお店に
連れて行って欲しい」と要求するはず。

いつも自分が得をしたいし、
相手から愛されていると
思えることで、

自分に自信を
持つことが出来る。

自分が傷付きたくないという
心理がどこかにある。

自分の方が、
相手を愛していて、
こちらの方のバランスが
重くなってしまったら、
自分の方が相手に
しがみつくことにもなる。

そして、
もし相手が自分から
離れて行くことになったら、
傷つくのは自分の方だと
考える。

プレイボーイの男性が
女性と別れたい場合に、
うまい別れ方というのは、
自分から別れ話を
切り出すのではなく、

相手から
切り出すように仕向けて、
自分が振られた役割をする。

そうすれば、
相手の自尊心が傷つかずに
スムーズに別れることが出来る。

しばしば女性は、
その相手との関係が
壊れそうな場合には、
自分の方から別れます。

つまり、
その関係を引きずっていると、
結局は相手から
振られるのが
わかっているので、
自分の方から相手を振って
自分の自尊心を少しでも
傷つかないように
防衛することがあります。

本当に恋愛をしたら、
そんな駆け引きなどは
どうでもよくなってしまうもので、

本当に別れたくないのならば、
時には相手にしがみついても
いいではないか。

何をしても、
駄目になるものもある。

そこで失恋をしたら、
自分は何て不幸なんだろうと
思うかも知れない。

自分は一生
立ち直れないのではないかと
思えるくらい
打ちひしがれる事でしょう。

また、失恋をすることで、
自分が嫌になってしまうことがあり、
もはや自分のことを
素敵だとも思えなくなる事もある。

愛されることによって、
「自分は素敵だ」とか
「俺はいい男なんだ」と
思えていたものが、

全部ひっくり返ってしまう。

失恋することを恐れる心理は、
自分が可愛いいから、
また、自分を守ろうと
し過ぎることこら生じます。

勿論、 誰でも人に嫌われるのは
嫌なものです。

だから、
いい子として
振る舞おうとするし、

また、
人に嫌われないほうが
世間を渡っていくにも得である。

でも、
時には自分の気持ちを
貫いてみることも
必要かもしれません。

人に嫌われたり、
人間関係に
摩擦が生じることを
恐れていても
仕方がない。

と冷静になって考えてみれば
そう思いませんか。

いつもいつも、
人から嫌われまいとして、
いい子として
振る舞っていたら、

自分というものが
失われてしまう。

だから、
もう一度自分を
振り返ってみてほしい。

失恋という
貴重な体験が
人を大きく
成長させるものです。


カテゴリー: ●アダルトチルドレン(AC) パーマリンク

恋愛が怖い理由 への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >えなさん
    コメントありがとうございます。
    これからもどうぞよろしくお願いします。

  2. えな のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    どもです☆記事楽しく読ませて頂きましたO(≧∇≦)O イエイ!!誰かの記事を読むのって楽しいですよね(。??艸?)そして、暑いのでお身体に気をつけてくださいね!では、次回の更新楽しみにしてます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です