人のふり見て、我がふり治しましょう

アダルトチルドレン”癒しのワーク”

多次元セラピストの金澤です。

こんにちは、

『人のふり見て、我がふり治せ』

このことわざ、

聞いたことあるかと思います。

亡き母から言い聞かせられました。

他人の成長より、

自分自身の成長に努力していますか。

相手やまわりの人が、

まちがった行動、

害になるような行動を

しているのをみて、

つい手が出たり

口が出たりしていませんか。

相手の行動が

頭から離れず、

イライラしたり、

怒鳴り散らしたり、

口げんかになって

いませんか。

相手のことより、

自分がイライラしていることに

気がつきましょう。

自分がひどい言葉をはきだしたり、

怒鳴り散らしているのに、

気がつきましょう。

自分の行動だったら

、変えていくことができます。

自分でも

嫌いになってしまうような

人間に

自分が

なりつつあるのではないか、

気をつけてみてみましょう。

イライラしたら瞑想を使って、

心を休めましょう。

心理セラピー専門メンタルヒーリングルームのこころの悩み相談


心理セラピーを行う目的は「ほんとうの自分」に出会っていくプロセスです。




カテゴリー: ●アファメーション パーマリンク

人のふり見て、我がふり治しましょう への1件のフィードバック

  1. ももちゃん のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    「人のふりみてわがふりをなおせ」
    聞いたことある言葉ですね。
    昔の人はいい言葉をのこしてますね。
    私はまちがってるよっておもってもその人に否定できません。
    なぜなら、矛先がまた私にまわってくるんじゃないかと心のブレーキが発動してしまいます。
    そうです。ため込んでしまうのです。
    あふれた感情の波は自分にきてしまいます。
    今の私は自分さえいなければ・・・と考えてしまう小さな人間です。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です