アダルトチルドレンとは

不適切な人間関係の取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日のテーマは、「不適切な人間関係のとりきた。」です。

生まれたばかりの赤ちゃんが、 親に依存しないと 生きていけないというような 関係は健全な依存といえますが、 その後成長するにつれて赤ちゃんも、 依存から抜け出して 自立していくようになります。

しかし、その成長過程において、 不適切な育児を受ける環境に 育った場合には、 正常に自立することが 難しいという場合がでてきます。

この自立を妨げるのが、 依存から抜け出せない関係、 共依存の関係です。 では、親子の場合の共依存とは どのような関係か。

まず親の方は、 「子どもを養育する」ということに 依存する。

つまり、このような親は 子どもとの関係を通じて、 「子どもに何かをしてやれること」 によってようやく自分の存在価値を 見いだすという依存がある。

依存する親の多くは 子供に対して「甘やかし」をします。

子供に依存した親は、 子供が成長していくにつれ、 だんだん自分がしてやれることが、 少なくなってくることに 不安を感じます。

そのために、子どもに 自分でやらせた方が良いことまで、 親の方から先に手伝って やってしまおうとする。 一見子供を心配しての 行動に見えるが、 過度の干渉になってしまうのは、 子供のためと言うよりも、 親自身の不安から来る行動です。

一方で、子供の方は 依存した親に育てられると、 「自分でやるからいい よ」 という一言がいえないまま、 自分も親に依存するという 関係を強いられることになる。

このような子供は、 大人になってからも お互いで依存するような 関係をもてる相手を 探し出そうとします。 自分の親との関係を再現するような 関係です。

(恋愛関係などに顕著に現れます) 自分で出来ることも 相手にしてもらうことを 求めたがったりする関係や、 あるいは逆に自分が親の立場で、 相手を甘やかして 依存させる関係を築こうとする。 そしてまた、 将来的にも自分が甘やかす 親となって、自分の子供に 依存させるように 接するというのも珍しくない。

このような操作的な親と 暮らしてきた人は、 大人になっても 適切な人間関係を 持つのがとても 困難なものです。

なぜなら、自分は不適切な 人間関係の取り方ばかり 見せられてきているので、 それ以外の方法を とることを知らないからです。

他人に対するコントロールの欲求で、 他人に頼られていないと 不安になる人と、 人に頼ることで、 その人を コントロールしようとする 人との間に成立するような 依存・被依存の関係が 共依存症です。

自らをチェックしてみてください。

?相手の問題に病的にのめり込んで、  自分を見失ってしまう。 ?他者に必要とされることで、 自分の存在意義を見い出す。

自分自身を大切にしたり、 自分自身の問題に向き合うよりも、 配偶 者、親族、恋人、友人等の 身近な他人の問題ばかりに気を向け、 その問題の後始末に躍起になる。

身近な人々が取らなかった 責任を代わりに取り、 結果として現在の困った状況を 他人本人が決意して解決する 必要性を与えずに、 困った状況をそのまま続けてしまう。 つまり、この人には自分がいなければ・・・ というつもりで行動しておきながら、 実は、自分自身の存在意義を その行為やその人の中に認めさせ、 自我を確立している。

境界性人格障害の一つの症状として 共依存もあるようです。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。