アダルトチルドレンを克服する方法

シリーズ9:分類法「快でプラスか不快でマイナスか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、多次元心理セラピストの金澤です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本日のテーマは「シリーズ9 快でプラスか不快でマイナスか」です。

本日は、あなたの人生が悪い方向に転がることを
ストップする重要な分類法です。

「快の反応」というのは
好き、楽しい、嬉しいというようなポジティブな反応ですね。

「反応」というのは、心が動くことを言います。

音を聞けば「なんの音だろう」「いい音楽だな」「うるさいな」と
心が自動的に動きます。

その状態を、「反応している」と表現します。

他方、不快な反応とは
嫌い、不愉快、苦痛といったネガティブな反応です。

この不快反応は、「怒りとほぼ重なります。

雑念には、大抵この不快感が伴っています。

雑念が増えることへの予防策は、
「快か不快か」に敏感になるということです。

「不快」を察知できれば、それだけで不快感を抑えることができます。

また、「この不快感に耐えることの理由(意味)は何だろうか?」と
冷静に考えられるようになります。

逆に、不快に鈍感だと、
本心は嫌なのに、無理して仕事を引き受けたり
人と付き合ったりして、
心が消耗していくことでしょう。

だから、「自分の心を素直に感じ取る」ことを
もっと大切にするべきです。

次に「プラスかマイナスか」です。
これは自分の利益になるかならないか、
役に立つかどうかとい分類です。

1、快か不快か
2、プラスかマイナスか

この二つの分類法を組み合わせると
「便利な物差し」が出来上がります。

1 快だけどマイナスだから手を出さない。
2 不快だけどプラスだから頑張る。
3 不快でマイナスだからやらない。
4 快でプラスのことを追及する。

このうち手をだいしてはいけないものは、
13のマイナスの物事、つまり自分の利益にならないこと。

1は、たとへば過度のお酒やタバコなどでしょう。(甘い毒)
3は、はたから見ると「何で続けているの?」と首をかしげる状況。
たとへば、夫の暴力や浮気にじっと耐えて人生の空しさを
噛みしめている女性や、「ブラック企業」に就職してしまって、
過酷な労働と非常な仕打ちに日々地獄を味わっている男性など

また、親子関係や腐れ縁など、「やめたくてもやめられない」ものも、
人生にはあります。

積極的に追及すべきは24でしょう。

2は、しんどいけれどやらねばならない仕事や、
将来のための勉強など(苦い薬)

4は、楽しくてお金も稼げる仕事など、この世で成功して輝いている人。

続きは次回へ・・・・・・・

矢印(下) おススメ記事一覧
チェック 多次元心理セラピー申込み

チェック セラピーをして思うこと~内側からのメッセージ~
チェック 「心」をストップする瞑想法「音声ファイル」
チェック アダルトチルドレンの生きづらさ
チェック 多次元心理セラピーって何? 
こちら多次元心理セラピー(「過去世療法」)個人セッション予約はコチラ

これからの励みに応援クリックお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓      
  
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す

*