インナーチャイルドはなぜできるの!

こんにちは
多次元心理セラピストの金澤です。
いつも、ブログを読んでいただき、
ありがとうございます。

本日のテーマは、「インナーチャイルド」について

子供って
生まれてから。
6才頃までには
基本的な性格が形成され、
潜在意識が初期設定され、

7才までに脳はかなり発達し、
8才までに対応メカニズムが
定着するといわれています。

子どもは生まれてから、
自分の育った家庭や環境の中で、
人間関係を学んでいきます。

家族の中で、
両親や兄弟、
周囲の大人たちからの
影響を受けて、
いろいろなことを学びます。

そこでは、
コミュニケーションの仕方や
問題処理の仕方や
防衛の方法や
愛情表現の仕方など、

いいことも、
悪いことも、
受け入れたくないことまでも、
さまざまなことを、
意識的に無意識に
模倣しながら
多くのことを取りこんで行きます。

(「いらない」と感じるものまでも、
自分の内面に取り込んでしまいます。)

しかし、
子どもが安全に
守られた状態ではない
「機能不全 家庭」で
育った場合、

子どもの心は傷つきます。

それは、
わたしたちが
大人へとの成長していく
プロセスの段階で
わたしたちの
感情、思考、人間関係に
様々な影響を与えます。

肉体的
感情的
精神的
霊的に
虐待を受けた場合、

感情は抑圧され、
否定され、
感情を感じたり
表現することは
よくない事だという信じ込みと、
ゆがんだ形で表現することを
覚えてしまいます。

子どもは、
家族関係の中で、
親の愛を得る為に
いろいろな役割を
意識的、
無意識に
演じているうちに、
感情的な痛みや
葛藤を避けて、
自分本来の感情を
感じたり
表現したりすることから
遠ざかってしまいます。

そして、
いつしか
その演じている自分、
仮面の自分「マスク」を
自分だと思い込み
本来の活き活きとした
生命力から
遠ざかってしまったことさえ
わからずに人生を生き続けます。

その安全な家庭で
育つことができず、
抑圧した感情と
満たされなかった子ども
(傷ついたインナーチャイルド)を
抱えたまま
大人になって
「アダルトチルドレン」になります。


カテゴリー: ●インナーチャイルドの癒し パーマリンク

インナーチャイルドはなぜできるの! への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >mayuchi0610@gmail.comさん
    いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

  2. mayuchi0610@gmail.com のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    "癒しのワーク専門家"多次元心理セラピストさんのブログよく見てます・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイあ、でも見てるだけってのも寂しいと思ったので今日はコメントしちゃいましたo(^◇^)oあ!それでですね…実は"癒しのワーク専門家"多次元心理セラピストさんのことちょっと気になってますU。-ェ-。Uポッもしよかったらでいいんですけど、メンバー申請してもいいですか?メッセージの設定してないのでメールしてもらえるとうれしいです(*ロ′∀`b)まってますね(゜ー゜*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です