いい人のつもり

こんにちは、
多次元心理セラピストの金澤です。

今日は、「いい人のつもり」がテーマです。

他人のよくないところは、
とてもよく見えるし、

ついつい調子にのって
指摘したくもなるものですね。

見えにくいのは、
あなた自身の良くないところ。

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

自分は、
「いい人」のつもりでも、

実は、他人に善意の押し売りを
していたりするかもしれない。

誠実に謝罪しているつもりでも、
実は許してもらえないと
すぐ腹を立ててしまう
偽善者だったりするかもしれない。

こういう「歪んだ自分の本性」こそが
見えにく。

他人の問題点を指摘することで
「ちゃんと指摘できる立派な自分には
問題がない」と錯覚するがゆえに、
自分自身の問題点が隠されてしまう。

それはまるで、
ギャンブルで
サイコロを振って、
自分に不利な目がでたら
イカサマして隠してしまう
ギャンブラーのようなものです。

普段の自分の言動、
立居振舞というものが
相手にどうのような影響を
もたらしているかを
振り返ってみるトレーニングも
必要かなと思うのですが、

どうでしょうか!


カテゴリー: ●トラウマが溜まる時 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です